本のページ

SINCE 1991

増村十七さん『花四段といっしょ』刊行記念!著者×南Q太さんトークイベントを開催

増村十七さん著『花四段といっしょ』第1巻

増村十七さん著『花四段といっしょ』第1巻

青山ブックセンター本店は、増村十七さんのコミック『花四段といっしょ』第1巻の刊行を記念して、増村さんと南Q太さんのトークイベント「将棋をテーマに漫画を描くということ」を6月18日(土)に開催します。

 

「将棋をテーマに漫画を描くということ」開催概要

増村十七さんがTwitter上で連載していた、プロ棋士の日常を軽快なタッチで描く”非”本格将棋漫画『花四段といっしょ』が書籍化され、6月7日に発売されます。

これを記念して、今回のイベントでは、将棋に夢中な息子を見守るうちに将棋の魅力にはまっていく母が主人公のコミック『ひらけ駒!』の作者・南Q太さんをゲストに迎え、将棋漫画での創作の苦労、実際に取材などでお会いした棋士の方の印象、将棋界の印象などについて語り合います。

 
<トークイベント概要>

■開催日時:2022年6月18日(土)18:00~19:30(開場:17:30~)

■料金:1,540円(税込)

■定員:60名

■会場:青山ブックセンター本店 大教室

★詳細:https://aoyamabc.jp/collections/event/products/6-18-hanayondantoixtusyotalkevent

※トーク終了後に増村十七さんのサイン会も開催されます。サインは『花四段といっしょ 1』を対象に、一人1冊まで。

 

出演者プロフィール

 
■増村十七(ますむら・じゅうしち)さん

2012年に『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)に掲載された「のんちゃん!の破壊日記」で商業誌デビュー。2018年に個人でWebに発表していたオリジナル版「バクちゃん」で第21回文化庁メディア芸術祭「マンガ部門」新人賞を受賞。2021年5月より『花四段といっしょ』をTwitterにて連載開始。

★公式サイト:https://masumura17.com/

 
■南Q太(みなみ・きゅうた)さん

1992年に『YOUNG HIP』(ワニマガジン)掲載された「あそびにいこうよ」でデビュー。2005年『さよならみどりちゃん』が古厩智之さん監督、星野真里さん主演で映画化。

★Twitter:https://twitter.com/murasakibashi

 

花四段といっしょ (1) (ソノラマ+コミックス)
増村 十七 (著)

花つみれ四段は雑念に惑わされがちな将棋のプロ棋士。勝負の最中といえど昼食、着メロ、YouTubeなど、いろいろなことが気になってしまうのだった……。棋士の日常を軽快なタッチで描く”非”本格将棋漫画!

ひらけ駒! 1巻
南 Q太 (著)

将棋に夢中な小学4年生、菊地宝。そんな息子を見守るうちに将棋の魅力にはまっていく母。千駄ケ谷の将棋会館、子ども将棋大会、将棋スクール、町の小さな将棋道場、将棋まつり。ふたりの休日はいつだって将棋!どうしたら強くなれる? 将棋指しは変人ばかりなのか? 知れば知るほど惹きつけられる将棋の世界へようこそ!作者42歳にしてはじめての週刊連載、緊張のなか始まった第1巻!!

 
【関連】
【6/18(土)】『花四段といっしょ 1』刊行記念 増村十七×南Q太トークイベント「将棋をテーマに漫画を描くということ」 – 青山ブックセンター本店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。