本のページ

SINCE 1991

角幡唯介さん「裸の大地」第一部『狩りと漂泊』刊行記念!オンライントークライブ「現代の狩猟漂泊行が私たちに投げかけるもの」を開催

角幡唯介さん著『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』

角幡唯介さん著『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』

丸善ジュンク堂書店は、角幡唯介さん著『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』(集英社)の刊行を記念して、オンライントークライブ「現代の狩猟漂泊行が私たちに投げかけるもの」を6月30日(木)に開催します。

 

『狩りと漂泊』について

「この旅で、私は本当に変わってしまった。覚醒し、物の見方が一変し、私の人格は焼き焦がれるように変状した」
―――本文より

 
<本書の概要>

『極夜行』後、再び旅する一人と一匹に、いったい何が起こったか。
GPSのない暗黒世界の探検で、日本のノンフィクション界に衝撃を与えた著者の新たなる挑戦!

探検家はなぜ過酷な漂泊行にのぞんだのか。未来予期のない世界を通じ、人間性の始原に迫る新シリーズの第一作です。

 
【目次】
四十三歳の落とし穴
裸の山
狩りを前提とした旅
オールドルート
いい土地の発見
見えない一線
最後の獲物
新しい旅のはじまり
*巻末付録 私の地図

 

オンライントークライブ「現代の狩猟漂泊行が私たちに投げかけるもの」開催概要

人間性の始原に迫る新シリーズ「裸の大地」の第1作『狩りと漂泊』を刊行した角幡唯介さんが、2018年当時の狩猟漂泊行にいたるわけ、そしてその後のダイナミックな展望についてなどを語ります。

 
■開催日時:2022年6月30日(木)19:30~21:00
※イベント開始の10分前より入室可能です。
※イベント終了後1週間のアーカイブで視聴できます。

■開催方式:ZOOMのウェビナー形式による配信
※事前に視聴できる環境をご用意ください。
※視聴者の方の顔や音声は入りません。

■料金
◎視聴のみ:1,650円(税込)
◎書籍付き:3,080円(税込)

■販売期間:2022年6月30日(木)18:30まで
※「書籍付き」の場合、6月23日以降に購入された場合、イベント当日までに書籍が到着しない可能性があります。

★詳細:https://online.maruzenjunkudo.co.jp/collections/j70019-220630

 

著者プロフィール

著者の角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)さんは、1976年生まれ。北海道出身。早稲田大学卒業。同大探検部OB。新聞記者を経て探検家・作家に。

2010年、チベット奥地にあるツアンポー峡谷を探検した記録『空白の五マイル』で開高健ノンフィクション賞、2011年同作で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞、2012年『雪男は向こうからやって来た』 で新田次郎文学賞、2013年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』で講談社ノンフィクション賞、2015年『探検家の日々本本』で毎日出版文化賞書評賞、2018年『極夜行』で本屋大賞ノンフィクション本大賞大佛次郎賞を受賞。

2019年から犬橇での旅を開始、毎年グリーンランド北部で2カ月近くの長期狩猟漂泊行を継続している。近著に『狩りの思考法』(清水弘文堂書房)

 

 
【関連】
6/30 角幡唯介 – 丸善ジュンク堂書店オンラインイベント

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。