本のページ

SINCE 1991

「本所おけら長屋」畠山健二さん×「食堂のおばちゃん」山口恵以子さんエッセイ集『猿と猿回し』が刊行

畠山健二さん&山口恵以子さん著『猿と猿回し』

畠山健二さん&山口恵以子さん著『猿と猿回し』

畠山健二さん&山口恵以子さん著『猿と猿回し』が内外出版社より刊行されました。

 

『本所おけら長屋』シリーズの畠山健二さんと『食堂のおばちゃんシリーズ』の山口恵以子さん、ふたりの人気小説家がタッグを組んだ類稀なるエッセイ集が誕生!

『本所おけら長屋』シリーズの畠山健二さんと『食堂のおばちゃん』シリーズの山口恵以子さん。ふたりの人気小説家がタッグを組んだエッセイ集が発売されました。

 
今をときめく人気小説家のお二人が〝なぜか〟連むようになって早数年…。
全国各地の書店を訪問し、細々とトークイベントを展開。
作風は異なれど、話芸も違えど、ふたりはおもしろい、いえ、おかしい。

 
そんな両氏は、
いかにベストセラー小説家になったのか?
いかに〝人の心〟をつかむのか?
いかに書店さんへ足を運ぶのか?

…そうした理由が解き明かされる「至極のエッセイ集」が本書『猿と猿回し』なのです。

 

著者プロフィール

 
■畠山健二(はたけやま・けんじ)さん

1957年生まれ。東京都出身。大学卒業後、家業の鉄工所に勤めるかたわら笑芸作家として数々の演芸の台本執筆や演出を手がける。2012年『スプラッシュマンション』(PHP研究所)で小説家デビュー。

翌年から『本所おけら長屋』(PHP 文芸文庫)がスタート。2022年3月に最新刊である十八巻を刊行し累計150万部を突破。
月刊『旅行読売』でエッセイを連載中。

 
■山口恵以子(やまぐち・えいこ)さん

1958年生まれ。東京都出身。早稲田大学卒業後、会社勤めをしながら、脚本家を養成するスクールに通いプロット作成を手がけるように。2007年『邪剣始末』(廣済堂出版/現・文春文庫)で小説家デビュー。

2013年『月下上海』(文藝春秋)で松本清張賞を受賞。当時、社員食堂に勤めながら執筆活動をしていたことが話題となる。
『食堂のおばちゃん』シリーズ(角川春樹事務所)、『婚活食堂』シリーズ(PHP文芸文庫)、『ゆうれい居酒屋』(文春文庫)ほか著書多数。
最新刊は、2022年4月発売の『いつでも母を』(小学館文庫)。

 

猿と猿回し
畠山健二 (著), 山口恵以子 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。