本のページ

SINCE 1991

鈴ノ木ユウさん『コウノドリ』が復活!「新型コロナウイルス編」連載開始!

(C)鈴ノ木ユウ/講談社

(C)鈴ノ木ユウ/講談社

二度のテレビドラマ化など、大反響のうちに2020年で連載を終了した、鈴ノ木ユウさん作『コウノドリ』が、4月28日発売の『モーニング』22・23合併号より新シリーズ「新型コロナウイルス編」の集中連載を開始しました。

 

医療コミック『コウノドリ』の新型コロナウイルス編、連載開始!

2013年から7年にわたり、週刊コミック誌『モーニング』(講談社)にて連載。2016年には、第40回講談社漫画賞一般部門を受賞。その『コウノドリ』が、新シリーズ「新型コロナウイルス編」の集中連載を開始しました。

 
2020年から始まるコロナ禍の社会。その中で、先行きの見えない不安と戦いながら妊娠・出産をしようとする妊婦とその家族、そして赤ちゃん。彼らに向き合う、主人公の産科医・鴻鳥サクラをはじめとする医療従事者。出産を通して生まれる両者の心の交流を描き出します。

 
<作者・鈴ノ木ユウさん コメント>

『コウノドリ』連載終了からこの2年。すべての医療従事者の皆さんと同じように戦い続けていたペルソナメンバーの物語、読んでいただければ嬉しいです。

 

作者プロフィール

鈴ノ木ユウ(すずのき・ゆう)さんは、山梨県出身。中華料理店の長男として生まれ、幼少期からチャーハンを作り続ける。大学卒業後はロックスターを目指していたが、突然漫画を描くことを思い立つ。

2007年『東京フォークマン/都会の月』が第52回ちばてつや賞準入選。
2010年『エビチャーハン』が第57回ちばてつや賞入選と同時に、モーニング初掲載。
2011年『おれ達のメロディ』を短期集中連載。『コウノドリ』は2012年8月の短期集中連載で大好評だったため、2013年春、週刊連載化。

なお、作者の鈴ノ木ユウさんは「コミックDAYS」にて絢香の楽曲『百年十色』から生まれた描き下ろしスピンオフコミックを無料公開中。『週刊文春』5月5・12日合併号より『竜馬がゆく』(原作:司馬遼太郎さん)の連載も開始

 

モーニング 2022年22・23号
鈴ノ木ユウ (著), ツジトモ (著), 綱本将也 (著), 小山宙哉 (著), 子鹿ゆずる (著), 大槻閑人 (著), 泰三子 (著), 森高夕次 (著), 川 (著), 池田邦彦 (著), 萩原玲二 (著), 竹村優作 (著), ヨンチャン (著), 江口夏実 (著), 榎本あかまる (著), Boichi (著), なきぼくろ (著), タナカカツキ (著), 朱戸アオ (著), 須賀達郎 (著), 吉本浩二 (著), とりのなん子 (著), よしながふみ (著), 常喜寝太郎 (著), オキモト・シュウ (著), 藤川よつ葉 (著), 佐原実波 (著), 三原和人 (著), 山田風太郎 (著), 東直輝 (著), 山下和美 (著), 山村東 (著), モーニング編集部 (編集), 後藤一信 (監修)

◎表紙&巻頭カラー付きで登場! 『コウノドリ 新型コロナウイルス編』。連載完結から2年。鴻鳥サクラが新たに立ち向かうのは、コロナ禍での出産――!

コウノドリ(1) (モーニング KC)
鈴ノ木 ユウ (著)

出産は病気ではない。だから通常の出産に保険はきかない。産科医療は怪我や病気を治す訳ではない。なので通常の出産に産科医は必要ない。だが、何かが起こりうるから産科医は必要なのだ──。年間約100万人の新しい命が誕生する現場の人間ドラマ、開幕!
モーニングで大好評だった「未受診妊婦」「切迫流産」「淋病」「オンコール」を収録。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。