本のページ

SINCE 1991

日販「ほんのひきだし」がコミックス第1巻売上ランキング(2022年1~3月)を発表 『タコピーの原罪(上)』が第1位

書店取次大手の日本出版販売(日販)が運営するWebメディア「ほんのひきだし」では、2022年1~3月のコミックス第1巻の売上ランキングを発表しました。

 

今キテる漫画がわかる! コミックス第1巻ランキング(2022年1~3月)を発表!

「ほんのひきだし」では、「新しい漫画と出合うきっかけを作る」ことを目的に、コミックス第1巻の売上ランキングを4半期(3か月)単位で調査・集計し、発表しています。

このランキングは、集計期間中に第1巻が発売された「まだ若い作品」を、期間中の第1巻の売上のみで集計したものです。

 
2022年1~3月のランキング第1位は、『タコピーの原罪(上)』となりました。
宇宙人・タコピーと、それと出会ったことで運命が大きく変わった2人の小学生・しずかとまりなを巡るヒューマンドラマが描かれた本作。最終話がマンガアプリ「少年ジャンプ+」で更新された当日には、同アプリ史上初となる300万超の閲覧数を記録したほか、読者の間で感想・考察が自然と交わされるような大きなトレンドを生み出しました。

なお、4月4日(月)には、『タコピーの原罪(下)』が発売されています。

 
<コミックス第1巻ランキング(2022年1~3月)【日販調べ】> ※敬称略

※調査内容:2022年1月1日~3月31日に第1巻が発売されたコミックスを対象に、その第1巻の発売日~3月31日の売上冊数を集計(単巻作品、続編、スピンオフを含む/ファンブック、アンソロジーは除く)。

 
第1位『タコピーの原罪(上)』(タイザン5/集英社)

(c)タイザン5/集英社

(c)タイザン5/集英社

地球にハッピーを広めるため降り立ったハッピー星人タコピーは、笑わない少女しずかちゃんと出会う。どうやらその背景には学校のお友達とおうちの事情が関係しているようで…。無垢なタコピーが知るざらついた現実とは!?衝撃のヒューマンドラマ、ここに開幕!

 
第2位『キメツ学園!』(帆上夏希/集英社)

第3位『DAYS~fragment~』(安田剛士/講談社)

第4位『悪役令嬢と鬼畜騎士』(コミック:生還、原作:猫田、キャラクター原案:旭炬/一迅社)

第5位『運命の人に出会う話』(あなしん/講談社)

第6位『ショーハショーテン!』(漫画:小畑健、原作:浅倉秋成/集英社)

第7位『光が死んだ夏』(モクモクれん/KADOKAWA)

第8位『~異伝・絵本草子~ 半妖の夜叉姫』(漫画:椎名高志、メインキャラクター デザイン:高橋留美子、脚本協力:隅沢克之/小学館)

第9位『ときめきトゥナイト それから』(池野恋/集英社)

第10位『SCRIBBLES』(森薫/KADOKAWA)

 
※Webメディア「ほんのひきだし」では、上位30位までのランキングを公開しています。
★URL:https://hon-hikidashi.jp/enjoy/147895/

 

「コミックス第1巻ランキング」調査開始の経緯

すべてのコミックを対象とした従来のランキングでは、 “ランキングの常連”であるロングセラー作品の新刊が上位を占めることが多く、連載が始まって間もない作品や単巻で刊行される作品が読者に発見されにくいという背景があります。

一方で、漫画アプリやWebマガジンなど、コミックの連載媒体は増えており、2019年上半期には、1か月あたり平均150点ものコミックス第1巻が発売されています。

そのため、漫画好きの方でも新作をくまなくチェックすることは難しく、「せっかく新しい作品が世に出ても、その存在に気づきにくい」「今後の刊行に大きくかかわるはずの第1巻こそが売れにくい」という状況が、少しずつ深刻化していると考えられます。

 
そこで、「ほんのひきだし」では、そんな“まだ若い作品たち”にスポットを当て、漫画好きの方々が新しい作品に出合うきっかけを作り、「好きな漫画を応援する」「面白い漫画を誰かにすすめる」雰囲気を盛り上げることを目指し、コミックス第1巻だけで集計した売上ランキングの発表を開始しました。

★これまでに発表したランキングのアーカイブはこちら:https://hon-hikidashi.jp/tag/comic1st_ranking/

 

タコピーの原罪 上 (ジャンプコミックス)
タイザン5 (著)

地球にハッピーを広めるため降り立ったハッピー星人・タコピー。助けてくれた少女・しずかの笑顔を取り戻すため奔走するが、少女を取り巻く環境は壮絶。無垢なタコピーには想像がつかないものだった。ただ笑って欲しかったタコピーが犯す罪とは…!?

【下巻】https://amzn.to/3xyXt7p

 
【関連】
2022年、最初の四半期で最も売れた”第1巻”は『タコピーの原罪』! コミック第1巻売上ランキング(2022年1~3月) | ほんのひきだし

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。