本のページ

SINCE 1991

宮部みゆきさん「きたきた捕物帖」2年ぶりの続編『子宝船』が5月刊行 第一巻文庫化で読者プレゼントも

宮部みゆきさん著『子宝船 きたきた捕物帖(二)』  ※カバーデザインは一部変更になる場合があります

宮部みゆきさん著『子宝船 きたきた捕物帖(二)』  ※カバーデザインは一部変更になる場合があります

PHP研究所は、2022年5月下旬に宮部みゆきさん著『子宝船 きたきた捕物帖(二)』を刊行します。本書は、著者にとって「生涯、書き続けたい捕物帖」で、連作時代小説シリーズの最新刊です。

作家デビュー後、時代小説に挑戦するきっかけとなった『半七捕物帳』(著:岡本綺堂)への畏敬の念から、「帳」の字を変えたタイトルで発刊した『きたきた捕物帖』以来、2年ぶりの続編となります。『子宝船』の発刊に先立ち、3月には文庫判『きたきた捕物帖』を発売、これを記念したプレゼントキャンペーンも開催中です

 

スーパーヒーロー不在、新感覚の捕物帖

2020年5月に刊行された単行本『きたきた捕物帖』は、江戸深川を舞台に、二人の「きたさん」が事件に翻弄されつつ成長していく物語です。

ヘタレで半人前の岡っ引き見習い・北一は16歳。湯屋の釜焚き・喜多次との凸凹バディ「きたきたコンビ」が奮闘する姿に、「こんな捕物帖、読んだことがない」「応援したくなる」など、読者や書店員からの声が続々と寄せられています。

謎解きに怪異、江戸庶民の人情も堪能できる連作時代ミステリーとして人気をよび、10万部を超えるベストセラーとなりました。

 
<宮部みゆきさん談――「きたきた捕物帖」シリーズについて>

私はいま、「三島屋変調百物語」シリーズをライフワークとして書き綴っています。
それは江戸の怪談なのですが、『きたきた捕物帖』は、謎解きに怪談の要素が加わった物語。
「三島屋」シリーズとともに、私が現役であるかぎり書き続けていきたいと思っています。

 

シリーズ第2弾『子宝船』あらすじと読みどころ

 
◆第一話「子宝船」
赤子を亡くした家の宝船の絵から弁財天が消えていた。大騒動が起きるなか、北一が、絵を描いたという男の家へ行ってみると……。

◆第二話「おでこの中身」
弁当屋の一家三人が殺された――。悲惨な現場を見ていられず、外に出た北一は、見物人のなかに怪しげな女がいるのに気づく。

◆第三話「人魚の毒」
北一が、検視の与力・栗山のもとで弁当屋の事件の真相を探っていると、木更津湊でお上の御用を務めているという男が訪ねてくる。

 
【政五郎親分&おでこ登場】

第一巻で宮部ファンを喜ばせたのが、『桜ほうさら』の富勘長屋の面々や、『<完本>初ものがたり』の謎の稲荷寿司屋など、登場人物のクロスオーバーです。
二巻目の『子宝船』にも「ぼんくら」シリーズの政五郎親分やおでこなど、既刊本の人気キャラクターが顔を出し、その期待に応えます。

 

文庫化を記念してプレゼントフェアを実施

PHP文芸文庫の『<完本>初ものがたり』『桜ほうさら(上)(下)』は、『きたきた捕物帖』に連なる世界観が楽しめる物語です。同文庫ラインナップに加わる『きたきた捕物帖』の発刊を記念して、プレゼントフェアを実施中です。

対象書籍を購入した方の中から抽選で150名に、『きたきた捕物帖』特製の付箋とボールペンのセットを進呈。なお、当選者の発表は、5月下旬を予定している賞品の発送をもって代えるものとします。

『きたきた捕物帖』特製の付箋とボールペン

『きたきた捕物帖』特製の付箋とボールペン

■対象書籍:『きたきた捕物帖』『<完本>初ものがたり』『桜ほうさら(上)』『桜ほうさら(下)』

■応募方法:上記書籍いずれかの帯袖から応募券1枚を切り取り、郵便ハガキに貼って応募

■宛先:PHP研究所『きたきた捕物帖』文庫化記念 読者プレゼント係

■締切:2022年4月30日(当日消印有効)

★詳細:https://www.php.co.jp/news/2022/03/kitakitabunko.php

 

著者プロフィール

著者の宮部みゆき(みやべ・みゆき)さんは、1960年生まれ。東京都出身。1987年「我らが隣人の犯罪」でオール読物推理小説新人賞を受賞してデビュー。

1992年『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、1993年『火車』で山本周五郎賞、1997年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、1999年、『理由』で直木賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞。

著書は、時代物に『桜ほうさら』『〈完本〉初ものがたり』『あかんべえ』『この世の春』『荒神』、「三島屋変調百物語」「ぼんくら」のシリーズ、現代物に『模倣犯』『小暮写眞館』『ソロモンの偽証』などがある。

 

<シリーズ第1弾>

【Amazon.co.jp 限定】きたきた捕物帖 (特典:スマホ壁紙画像データ配信) (PHP文芸文庫)
宮部 みゆき (著)

著者が生涯書き続けたいと願う新シリーズ第一巻の文庫化。北一と喜多次という「きたきた」コンビが力をあわせ事件を解決する捕物帖。

 
【関連】
宮部みゆき『きたきた捕物帖』|PHP研究所

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。