本のページ

SINCE 1991

映画「流浪の月」公開記念!原作者・凪良ゆうさん×広瀬すずさん×松坂桃李さん鼎談を『紙魚の手帖』に掲載 李相日監督による脚本の冒頭部分、映画原作『流浪の月』の掌編「未来の月へ」も収録

映画「流浪の月」公開記念!原作者・凪良ゆうさん×広瀬すずさん×松坂桃李さん鼎談を『紙魚の手帖』に掲載

映画「流浪の月」公開記念!原作者・凪良ゆうさん×広瀬すずさん×松坂桃李さん鼎談を『紙魚の手帖』に掲載

5月13日より全国ロードショーされる映画「流浪の月」の公開に先立ち、4月11日刊行の東京創元社の文芸誌『紙魚の手帖』(vol.04 APRIL 2022)にて、主演を務める家内更紗役の広瀬すずさん、佐伯文役の松坂桃李さんと原作者・凪良ゆうさんの三人による鼎談が掲載されます。

実際に映画をご覧になった凪良ゆうさんと主演のお二人が作品や役柄について語る貴重なインタビュー記事です。

『紙魚の手帖』Vol.04 誌面より

『紙魚の手帖』Vol.04 誌面より

 
また、李相日監督による映画「流浪の月」の脚本の冒頭部分も掲載。小説とは異なる映画の世界にいち早く触れることができます。

 
その他にも、書店応援ペーパーとして単行本発売時に書き下ろされた掌編を加筆修正した「未来の月へ」を掲載するなど、『流浪の月』の世界をより深く楽しめる特集となっています。

 
<【特集】2022年5月映画公開記念 小説と映画でより深く楽しむ『流浪の月』の世界> ※敬称略

◆映画『流浪の月』特別鼎談 凪良ゆう×広瀬すず×松坂桃李

◆流浪の月 シナリオ版(抄) 原作:凪良ゆう 脚本:李 相日

◆「未来の月へ」凪良ゆう

◆書店員エッセイ 『流浪の月』文庫化に寄せて 紀伊國屋書店新宿本店 丸森ひなの/紀伊國屋書店梅田本店 小泉真規子/三省堂書店池袋本店 早野佳純/今野書店 坂井絵里

 

紙魚の手帖Vol.04
坂木 司 (著), 凪良 ゆう (著), 櫻田 智也ほか (著)

【特集】2022年5月映画公開記念 小説と映画でより深く楽しむ『流浪の月』の世界
映画『流浪の月』特別鼎談 凪良ゆう×広瀬すず×松坂桃李
流浪の月 シナリオ版(抄) 原作:凪良ゆう 脚本:李 相日
未来の月へ 凪良ゆう
書店員エッセイ 『流浪の月』文庫化に寄せて

【新連載】
きみのかたち 第1回 坂木 司

【小説】
特撮なんて見ない 第2回 澤村伊智
ジャッカル 乾石智子
青いワンピースの怪談 大島清昭
神の光 北山猛邦
ちゃんとしない息子 君嶋彼方
赤の追憶 櫻田智也
まるで渡り鳥のように 藤井太洋
北の詩人からの手紙 柳川 一
ハンブルパピー ジョーン・エイキン 三辺律子 訳
シャンクスと鍵のかかった部屋 ロバート・ロプレスティ 高山真由美 訳

【特別企画】
有栖川有栖×綾辻行人×今村昌弘 『図書館でミステリー ミステリー作家(ルビ:3 (参上))』開催報告

第22回本格ミステリ大賞候補作決定!
第22回本格ミステリ大賞予選会選評・選考経過

【ESSAY】
ぼくたちが選んだ 第2回 有栖川有栖・北村 薫・宮部みゆき
翻訳のはなし 第2回 仕事椅子の話 中原尚哉
乱視読者の読んだり見たり 第3回 ジーン・ウルフの“Suzanne Delage”を読む 若島 正
ホームズ書録 切り抜き合本から掲載号を推理した「探偵実話 村醫者」 北原尚彦

【COLUMN】
ひみつのおやつ*菓子パン 菊石まれほ
私の必需品*雨の音 一本木透

【INTERVIEW 期待の新人】
床品美帆
清水裕貴

【INTERVIEW 注目の新刊】
『タイムマシンに乗れないぼくたち』 寺地はるな
『獣たちの海』 上田早夕里

【BOOKREVIEW】
[文芸全般] 瀧井朝世
[国内ミステリ] 宇田川拓也
[翻訳ミステリ] 村上貴史
[SF] 渡邊利道
[ファンタジイ] 三村美衣

流浪の月 (創元文芸文庫)
凪良 ゆう (著)

映画化決定!!
監督:李相日
主演:広瀬すず 松坂桃李
横浜流星 多部未華子ほか出演
2022年公開予定

2020年本屋大賞受賞作
愛ではない。けれどそばにいたい。
新しい人間関係への旅立ちを描いた、
息をのむ傑作小説。

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい――。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出会ったとき、運命は周囲の人を巻き込みながら疾走を始める。新しい人間関係への旅立ちを描き、実力派作家が遺憾なく本領を発揮した、息をのむ傑作小説。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。