本のページ

SINCE 1991

「双子のライオン堂」店主・竹田信弥さん×ライター・田中圭佑さんが『読書会の教室』を刊行

竹田信弥さん・田中圭佑さん著『読書会の教室』

竹田信弥さん・田中圭佑さん著『読書会の教室』

双子のライオン堂の店主・竹田信弥さんとライターの田中圭佑さんの共著『読書会の教室』が、晶文社より刊行されました。

 

読書会の楽しみ方を多くの方へ知ってもらいたい!

本書『読書会の教室』は、読書会の楽しみ方を多くの方へ知ってもらうために書かれました。双子のライオン堂では、これまで田中圭佑さんとともに500回以上の読書会を開催してきました。

その経験をふまえ、まだ読書会に参加したことがない人や主催したことがない人、またもっと盛り上げていきたい人へ向けて、基本的なことから「読書」とは?といった少し深掘りした問いにも向き合った本になっています。

 
<本書の概要>
みんなで読むと こんなに楽しい!
話題の書店〈双子のライオン堂〉が教える手とり足とりの決定版ガイドブック!

大ブームの読書会。だけど、参加する勇気がない?
主催したい。でも、何をすればよいかわからない? 大丈夫!

本書は、話題の書店〈双子のライオン堂〉が教える手とり足とりの決定版ガイドブック。参加・開催・運営に関する実践的なノウハウに加えて、有名読書会の主催者へのインタビュー、実際の読書会の様子を書き起こしたドキュメント、読書の達人との座談会など、読書会の楽しみ方を全方位的にガイドします。

 

本書の構成

はじめに

第1章 読書会とは?
「読書会」とは一体なんでしょうか?
読書会は本が主役

第2章 読書会にはどんな種類がある?
読書会にもいろいろある
選書方法による分類
開催形式による分類
ちょっと変わった読書会のアイデア

コラム はじめての海外文学(谷澤茜)

第3章 読書会に参加するには?
読書会との出会い方・探し方
行くまでの準備
当日の朝の楽しい過ごし方
本の感想ってどうやって話せばいいの?
読書会が終わったあとに

コラム ビブリオバトルとは他人に本を探してもらうことである(岡野裕行)

第4章 読書会を開催・運営するには?
読書会の作り方
読書会の運営のポイント
場を和ませて話しやすい雰囲気作りを

コラム ビブリオバトル必勝法(安村正也)

◎なぜ読書会を開くのか?──主催者に聞く!
猫町倶楽部(山本多津也)
GACCOH(太田陽博、うきくさ、倉津拓也、しょうへい、谷川嘉浩)
八戸ブックセンター(音喜多信嗣、熊澤直子)

◎読書会では何が起きているか?──紙上の読書会
課題本方式 カフカ『変身』
持ち込み方式 「変な本」

◎読書と読書会について本気出して考えてみた
自由な議論とは何か――読書会から考える(倉津拓也、しょうへい、谷川嘉浩)
語り合うことの楽しみ、本をめぐる冒険(倉本さおり、長瀬海)

付録 必携・読書会ノート──コピーして活用しよう

おわりに

 

著者プロフィール

 
■竹田信弥(たけだ・しんや)さん

東京生まれ。双子のライオン堂書店の店主。文芸誌『しししし』編集長。NPO法人ハッピーブックプロジェクト代表理事。

著書に『めんどくさい本屋』(本の種出版)、共著に『これからの本屋』(書肆汽水域)、『まだまだ知らない 夢の本屋ガイド』(朝日出版社)、『街灯りとしての本屋』(雷鳥社)など。

FM渋谷のラジオ「渋谷で読書会」メインパーソナリティ。好きな作家は、J.D.サリンジャー。趣味はラジオを聞くこと。

 
■田中佳祐(たなか・けいすけ)さん

東京生まれ。ライター。ボードゲームプロデューサー。NPO職員。たくさんの本を読むために、2013年から書店等で読書会を企画。

編集に文芸誌『しししし』(双子のライオン堂)、著書に『街灯りとしての本屋』(雷鳥社)がある。企画したボードゲームは「アメリカンブックショップ」「虚飾で彩られたカラス」など。

好きな作家は、ミゲル・デ・セルバンテス。好きなボードゲームは、アグリコラ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。