本のページ

SINCE 1991

三川みりさん『龍ノ国幻想1 神欺く皇子』が「本の雑誌」オリジナル文庫大賞を受賞

三川みりさん著『龍ノ国幻想 1 神欺く皇子』

三川みりさん著『龍ノ国幻想 1 神欺く皇子』

三川みりさんの男女逆転宮廷ファンタジー『龍ノ国幻想1 神欺く皇子』(新潮文庫nex)が、「WEB本の雑誌」が選ぶ【「本の雑誌」オリジナル文庫大賞】第1位を獲得しました。

 

”命を懸けて世界を欺く壮大な男女逆転宮廷ファンタジー”『龍ノ国幻想』が「本の雑誌」オリジナル文庫大賞を受賞

「本の雑誌」オリジナル文庫大賞とは、単行本の文庫化ではなく、その年に初めから文庫として刊行された本の中から優れた「オリジナル文庫」を選ぶというものです。

 
今回、同賞を受賞した『龍ノ国幻想 1 神欺く皇子』は、「シュガーアップル・フェアリーテイル」シリーズ、「一華後宮料理帖」シリーズなどの人気ファンタジーシリーズを書いてきた作家・三川みりさんによる「龍ノ国幻想」シリーズの第1弾。シリーズ第2弾『龍ノ国幻想2 天翔る縁』が11月下旬に刊行されています。

 
<『龍ノ国幻想』あらすじ>

海に浮かぶ 央(ひさし)大地には 一原八洲(いちげんはっしゅう)と呼ばれる九つの国が存在し、巨大な龍の上に存在すると信じられている。その一国・ 龍ノ原(たつのはら)で皇尊(すめらみこと)が崩御し、皇位の座を巡り競う三人の男がいた。その中の一人、 日織皇子(ひおりのみこ)は実は女である。

この国では女は龍の声を聞く力を持つが、生まれながらにその力を持たない者は「遊子(ゆうし)」と呼ばれ、命を奪われる宿命を持つ。遊子ゆえに殺された姉の復讐を果たすため、日織は国の掟を変える決意を胸に、男として皇尊を目指す。一方、女にしか聞こえない龍の声を聞く 能力(ちから)を持つ男は 禍(まがつ)皇子として処刑される。

──「もたざる者」と「もってはならぬ者」が、命の尊厳を守るため、運命に翻弄されながら闘い、生き抜く様を描く、壮大なる男女逆転宮廷絵巻。

 

著者コメント

「特別な技術があったり、能力があったり――今まで、そんな主人公の物語を多く書きました。しかしある日ふと、逆をやってみたくなりました特別なことができる者ではなく、あたりまえと思われていることができない者を、主人公にしたいと。「もたざる者」の人生はきっと過酷で、だからこそ書く意味もあるはず。不思議な生き物や力があたりまえの世界で、「もたざる者」として、強く生きる者たちの姿を描けていたら良いと切に願います。」

 

著者プロフィール

著者の三川みり(みかわ・みり)さんは、広島県出身。角川ビーンズ小説大賞審査員特別賞を受賞し、『シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と黒の妖精』でデビュー。同シリーズが人気を博す。

ほかに「封鬼花伝」シリーズ、「一華後宮料理帖」シリーズ、「ここは神楽坂西洋館」シリーズ、『君と読む場所』、「龍ノ国幻想」シリーズなど著書多数。

 

龍の国幻想1 神欺く皇子 (新潮文庫)
三川 みり (著)

【作品目次より】
序章
一章 美しき新妻、悠花
二章 龍道と禍皇子
三章 祈社の遊子
四章 知られる秘密
五章 欺瞞顕現
六章 居鹿
七章 央大地は一原八洲
八章 光射す

龍ノ国幻想2 天翔る縁 (新潮文庫)
三川 みり (著)

全ての試練は、神を欺いて皇位を手にした報いなのか!? 男女逆転宮廷絵巻!

日織(ひおり)は龍ノ原の皇位を巡る争いで、女であることを偽り皇尊(すめらみこと)となった。命懸けの「?」は、龍の声を聞く力を持たない娘たちの命を奪う、この国の掟を自らの手で変えるためだった。ついに、新たな御代の始まりを告げる宣儀の瞬間が来た。しかし龍を呼ぶ笛が鳴らず、皇位は認められない。呼笛は何者かによってすり替えられたのか。一方、反封洲(たんのほうしゅう)の伴有間(とものありま)という男が訪れ、一原八洲(いちげんはっしゅう)の律を犯す要求を日織に突きつける。そして、妻の悠花(はるはな)が消えた。全ての試練は、偽りで御位を手にした己への罰なのか──最愛の妻を取り戻し、国を守るために下す途轍もない「決断」とは。男女逆転宮廷絵巻第二幕。

【作品目次より】
序章
一章 殯雨、止む
二章 龍を呼ぶ笛
三章 反封洲からの使者
四章 稚きものならば
五章 白邪
六章 古の約束と、そのあかし
七章 再びの儀式を
八章 壊れる神話 生まれる神話

 
【関連】
2021年のオリジナル文庫大賞は三川みり『龍ノ国幻想』に決定! – 突発企画

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です