本のページ

SINCE 1991

「SEKAI NO OWARI」Fukaseさん初の絵本『 ブルーノ』刊行記念!サイン本の販売&「原画展」を開催

「SEKAI NO OWARI」Fukaseさん著『 ブルーノ』

「SEKAI NO OWARI」Fukaseさん著『 ブルーノ』

広島 蔦屋書店では、12月4日(土)~12月12日(日) の期間、Fukaseさん(SEKAI NO OWARI)が手掛けた初の絵本『ブルーノ』(福音館書店)が刊行されたことを記念し、サイン本の販売と原画展を開催します。

 

「Fukaseが創る2つの物語 『ブルーノ』原画展」が広島で開催!

 
【『ブルーノ』あらすじ】

タルカスと王様、それぞれの真実――。

ある日、平和な王国をすさまじい嵐が襲いました。娘がけがをした村人のタルカスは、王様が助けにくるのを信じて待ちます。一方、王様は、どうすれば多くの国民を助けられるか悩み葛藤します。タルカスと王様、それぞれの立場から描くことで見えてくる、それぞれの真実。たくさんの涙が流れたあとに訪れる結末とは――?

SEKAI NO OWARI Fukaseさんが鮮やかな油絵を描き下ろした、両サイドが表紙の2つの視点で進む絵本。

 
Fukaseさんの創り出す世界観は、「ファンタジー」の中にも人と人との気持ちの繋がりや様々に揺れ動く感情などの「現実」が見え隠れしています。
『ブルーノ』はそんな彼の思いが滲み出るストーリー。
そしてFukaseさんの描く『ブルーノ』の世界は、そこに行ってみたくなるようなカラフルで楽しいパノラマ。

SEKAI NO OWARIのFukaseさんにしか出せない唯一無二の世界観を、どうぞお楽しみください。

 
<「Fukaseが創る2つの物語 『ブルーノ』原画展」概要>

■場所:広島 蔦屋書店 1号館1F ギャラリー
◎住所:広島県広島市西区扇2丁目11-45
◎ホームページ:https://store.tsite.jp/hiroshima/

■期間:12月4日(土) ~12月12日(日) 10:00 – 21:00

★詳細:https://store.tsite.jp/hiroshima/event/gallery/23486-1446481119.html

 
<『ブルーノ』オリジナルグッズの販売について>

◎ミニトートバッグ:1,650円(税込)
◎ミニタオル:1,320円(税込)
◎クリアステッカー(6枚入り):1,100円(税込)

※『ブルーノ』オリジナルグッズについては、12月1日から特設オンラインサイト(https://www.blueno-book.com/)でも購入できます。

 

『ブルーノ』サイン本を限定販売

『ブルーノ』のサイン本が限定販売されます。

広島 蔦屋書店オンラインストアで購入できます。サイン本の販売に関しては、https://store.tsite.jp/hiroshima/news/kids/23543-1634451123.html をご確認ください。

 
【予約について】
2021年12月6日(月)14:00 よりT-SITE SHOPPINGにて予約受付を開始します。 一人1冊限り、先着順です。なくなり次第終了となります。お届けは12月下旬の予定です(別途送料500円がかかります)。
※店頭、電話での受付・お渡し・販売はありません。

★T-SITE SHOPPING:https://store.tsite.jp/item-detail/kids/24570.html

 

著者プロフィール

著者のFukaseさんは、1985年生まれ。東京都出身。2010年、突如音楽シーンに現れ、その圧倒的なポップセンスとキャッチーな存在感、テーマパークの様な世界観あふれるライブ演出で、世代を超えて支持される「SEKAI NO OWARI」のボーカリスト。

近年は映画出演や独特のタッチで描かれる絵画にも注目が集まり、多方面から高い評価を受けている。

 

ブルーノ (福音館の単行本)
Fukase (著)

ある日、王様といきものたちがなかよく暮らす、ある平和な王国をすさまじい嵐が襲いました。家がこわれ、最愛の娘が木の下敷きになり、村人のタルカスは王様が助けにきてくれるのを信じて待ちました。一方、王様は、どうすれば嵐の中、多くの国民を助けられるか悩み、葛藤し、不眠不休で作戦を立て、みんなを助けに向かいました。
SEKAI NO OWARI Fukaseが鮮やかな色彩の油絵を描き下ろし、長年あたためていた物語を絵本にしました。
タルカスと王様、それぞれの立場から描くことで見えてくる、それぞれの真実。
たくさんの涙が流れたあとに訪れる結末とは――?
表と裏の両サイドが表紙の、2つの視点で進んでいく絵本。

装丁:名久井直子

 
【関連】
【広島 蔦屋書店】Fukaseが創る2つの物語『ブルーノ』原画展 | 広島 T-SITE

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です