本のページ

SINCE 1991

山崎豊子さん『女系家族』が宮沢りえさん・寺島しのぶさん主演でドラマ化&Prime Readingで読み放題!

山崎豊子さん著『女系家族』

山崎豊子さん著『女系家族』

新潮社が刊行する作家・山崎豊子さんの名作『女系家族』の上巻(https://amzn.to/32HvqW9)が、AmazonのPrime Reading対象作品となりました。AmazonのPrime会員は2022年2月28日まで無料で楽しむことができます。

本作は週刊文春に連載され、1963年に単行本化、1966年に新潮文庫版が刊行され、累計発行部数は94万部に達するロングセラーです。これまでに繰り返し映画化、テレビドラマ化されてきましたが、まもなく12月4日・5日にはテレビ朝日で、宮沢りえさん・寺島しのぶさん主演、役所広司さんが特別出演する「2夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子 女系家族」(https://www.tv-asahi.co.jp/nyokeikazoku/)も放送されます。

 

 

『女系家族』あらすじ

【あらすじ】

大阪船場の老舗木綿問屋、矢島家は代々跡継ぎ娘に養子婿をとる「女系」の家筋。その四代目・嘉蔵が亡くなった。

婚家から戻ってきた長女・藤代、養子婿をむかえた次女・千寿、料理教室にかよう三女・雛子をはじめ、親戚一同の前で、番頭の宇市が嘉蔵の遺言書を読み上げる。

 
そこには莫大な遺産の配分方法ばかりでなく、嘉蔵の妾・文乃の存在まで認められていた。さらには文乃が妊娠していた事実が明らかになり、泥沼の様相を深めてゆく。だが、嘉蔵が生前周到に準備していた驚天動地の方法によって、金の亡者たちの野望に断が下されるのだった――。

遺産相続争いを通し人間のエゴと欲望を赤裸々に抉る長編小説。

 

著者プロフィール

著者の山崎豊子(やまさき・とよこ)さんは、1924生まれ。大阪市出身。京都女子大学国文科卒業。毎日新聞大阪本社学芸部に勤務。その傍ら小説を書き始め、1957年に『暖簾』を刊行。翌年、『花のれん』により直木賞を受賞。新聞社を退社して作家生活に入る。

『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など著作はすべてベストセラーとなる。1991年、菊池寛賞を受賞。2009年『運命の人』を刊行。同書は毎日出版文化賞特別賞を受賞。大作『約束の海』を遺作として 2013年に逝去。

 

女系家族(上)(新潮文庫)
山崎 豊子 (著)

大阪・船場の老舗矢島家は代々跡継ぎ娘に養子婿をとる女系の家筋。その四代目嘉蔵が亡くなって、出もどりの長女藤代、養子婿をむかえた次女千寿、料理教室にかよう三女雛子をはじめ親戚一同の前で、番頭の宇市が遺言書を読み上げる。そこには莫大な遺産の配分方法ばかりでなく、嘉蔵の隠し女の事まで認められていた。……遺産相続争いを通し人間のエゴと欲望を赤裸々に抉る長編小説。

 
【関連】
二夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『女系家族』|テレビ朝日

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。