本のページ

SINCE 1991

北杜夫さん没後10年!『憂行日記』刊行 昆虫少年から文学青年へ――北杜夫さん18歳の息遣いを伝える稀有な日記が蘇る!

北杜夫さん著/斎藤国夫さん編『憂行日記』

北杜夫さん著/斎藤国夫さん編『憂行日記』

新潮社は北杜夫さんの没後10年にあたり、記念刊行として、北杜夫さん著/斎藤国夫さん編『憂行日記』を刊行しました。

 

昆虫少年から文学青年へ――、「北杜夫18歳」の息遣いを伝える稀有な日記がいま蘇る!

「毎日毎日眠られない。親父には手紙を出した。医者になりたくないと」
「父から手紙がきていた。愛する宗吉よ、と言う書き出し……もうどうにでもなれ」

 
若き日の北杜夫(本名:斎藤宗吉)さんの18歳のある日から日記は始まります。

憧れの旧制松本高校に入学してわずか数ヶ月で迎えた敗戦の衝撃。父・斎藤茂吉さんから家業である医者になることを期待されながらも、文学への熱い思いが芽生えていく――。

本書収録「北杜夫 自筆イラスト ノート1表紙裏」

本書収録「北杜夫 自筆イラスト ノート1表紙裏」

登山と昆虫採集、卓球部やクラスマッチ、ドイツ語と数学の猛勉強、友との語らいが詰まった、6冊のノート。

本書収録「北杜夫スケッチ 1946年7月12日 大石田にて」

本書収録「北杜夫スケッチ 1946年7月12日 大石田にて」

昭和20年6月~22年12月、繊細で心揺れる二年半があますところなく綴られています。詩歌、スケッチも多数収録。

 

著者プロフィール

 
■北杜夫(きた・もりお)さん

1927―2011。東京青山生まれ。旧制松本高校を経て東北大学医学部を卒業。1960年、船医としての半年間の体験をもとに『どくとるマンボウ航海記』を刊行。同年『夜と霧の隅で』で芥川賞受賞。

『楡家の人びと』『輝ける碧き空の下で』などの小説のほかユーモアあふれるエッセイでも活躍。父・斎藤茂吉さんの生涯をつづった「茂吉四部作」により大佛次郎賞を受賞。

 
■編者:斎藤国夫(さいとう・くにお)さん

1947年生まれ。東京都出身。学生時代に北杜夫さんに傾倒し、私家版の冊子『北杜夫ノオト』や年譜を作成。早稲田大学第一文学部卒業、中央公論社を経てプレジデント社。

2000年世田谷文学館で開かれた「北杜夫展」で北杜夫さんの著作目録と年譜を作成。『文藝別冊 北杜夫どくとるマンボウ文学館』2012年に寄稿。

 

憂行日記
北 杜夫 (著), 斎藤 国夫 (編集)

父から手紙がきていた。愛する宗吉よ、と言う書き出し……もうどうにでもなれ。ファーブルに憧れて自然豊かな松本高校に入学早々、日本は敗戦。社会の価値観は混乱し、家業の医者になることを期待される中、少年に文学への熱い思いが芽生えていく。登山、昆虫採集、卓球部、猛勉強、友との語らい――北杜夫18歳の息遣いを伝える稀有な日記。父・斎藤茂吉の作品に触発された多数の詩歌、自筆スケッチも収録。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です