本のページ

SINCE 1991

有間カオルさん×額賀澪さんが対談イベントを開催 オンライン配信も同時実施

有間カオルさん×額賀澪さんが対談イベントを開催

有間カオルさん×額賀澪さんが対談イベントを開催

有間カオルさんと額賀澪さんの小説家お二人による対談が、2021年11月6日(土)14:00~15:30に池袋コミュニティ・カレッジ(池袋駅直結 西武池袋本店別館8階)にて開催(オンライン配信も同時実施)されます。

小説家としての活躍はもちろん、小説創作講座の講師でもあるお二人が、「聞く、語る、読む、書く、教える」という観点から、小説の楽しさを語ります。

 

有間カオルさん×額賀澪さん対談「聞くこと、語ること、読むこと、書くこと、そして教えること。」 開催概要

若い方を中心に人気の有間カオルさんと、額賀澪さんによる今回の対談では、お二人のこれまでの歩みをまじえ、お互いのデビュー作と近著について語ります。

 
もがきながらも前を向いてすすむ主人公や、「相手の話を聞くこと」「自分のことを語ること」から心が癒されていく印象的な作品を届けるお二人が考える「聞くこと・語ること」の意味、お互いの作品を語り「作品を読み深めること」の楽しさ、創作を続けている方に伝えたい「書くこと・書き続けること」の意味、また、作家の傍ら「小説創作講座」での講義を通して感じる苦労や面白みについて、など語り合う予定です。あわせて、お二人の読書歴にも触れます。

 
■日時:2021年11月6日(土)14:00~15:30

■料金:3,000円(税込)/学生の方は学割価格 2,500円(税込)

★詳細&申込み:https://cul.7cn.co.jp/programs/program_946812.html

 
<オンライン配信受講も同時受付中(Zoomを使用)>

■料金:2,500円(税込)/学生の方は学割価格 2,000円(税込)

★詳細&申込み:https://cul.7cn.co.jp/programs/program_947333.html

 
※学割ご希望の方は、お手数ですが「池袋コミカレ」(03-5949-5481)までお電話ください。

 

出演者プロフィール

 
■有間カオル(ありま・かおる)さん

第十六回電撃大賞メディアワークス文庫賞を受賞し2009年にデビュー。ライト文芸から一般文芸、児童書まで幅広く執筆。

著書に、『魔法使いのハーブティー』『招き猫神社のテンテコ舞いな日々』『ボタニカル』他。近著に『四季島植物園のしずかな事件簿』(宝島社)。

 
■額賀澪(ぬかが・みお)さん

1990年生まれ。茨城県出身。日本大学芸術学部文芸学科卒業。2015年に『屋上のウインドノーツ』で第22回松本清張賞を、『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。

2016年に『タスキメシ』が第62回青少年読書感想文全国コンクール高等学校部門課題図書に。既刊に『さよならクリームソーダ』『拝啓、本が売れません』『風に恋う』『競歩王』『できない男』『沖晴くんの涙を殺して』『転職の魔王様』など。大正大学表現学部表現文化学科客員准教授、日本大学芸術学部文芸学科非常勤講師。

★公式サイト:https://nukaga-mio.work/

 
【関連】
池袋コミュニティ・カレッジ | 聞くこと、語ること、読むこと、書くこと、そして教えること。
池袋コミュニティ・カレッジ | 【オンライン】聞くこと、語ること、読むこと、書くこと、そして教えること。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です