本のページ

SINCE 1991

出版社「さりげなく」が、お風呂で読む本「長湯文庫」を出版 第1弾はモノ・ホーミーさん×木村直広さん『するべきことは何ひとつ』

出版社「さりげなく」が、お風呂で読む本「長湯文庫」を出版

出版社「さりげなく」が、お風呂で読む本「長湯文庫」を出版

京都の左京区にある出版社「さりげなく」は、お風呂で読む本「長湯文庫」を2021年9月26日より出版します。

 

撥水性のある紙を使用した、お風呂で読める「長湯文庫」

「さりげなく」が、撥水性のある紙を使用して、お風呂で読める本を作りました。

本が好きで、お風呂も好きな一人の編集部員の「お風呂で読める専用の本があったら」というアイデアから始まり、5年の構想期間のすえ、ようやく形になりました。

 
<出版社コメント>

【長湯文庫とは】
長湯する感覚は、物語に没頭する感覚にどこか似ていると思っています。物語は、短編小説を中心に。身体の芯まで、じんわりと温めてくれる物語たちです。お風呂で、もちろんお風呂以外でも長湯文庫をお愉しみいただけます。つい物語に没入してしまう(つい長湯してしまう)本作りを長湯文庫は、目指しています。お水に強い紙を使用しておりますが、湯船にともにちゃぽんと入ると紙がシワシワになってしまうので、ご注意を。

 

 

浮遊感ただよい、思わず没頭し長湯してしまう「長湯文庫」第1弾は、モノ・ホーミーさん『するべきことは何ひとつ』

「長湯文庫」の第1弾『するべきことは何ひとつ』に掲載された物語は、作家モノ・ホーミーさんの「貝がら千話」より抜粋。遠く離れた惑星で起きていることのようにも思える、奇妙で、あたたかな物語たちです。

お風呂で読むのにぴったりな短編小説を、33篇収録しています。

★購入はこちらから:https://sarigenaku.stores.jp/items/61470d5ce1fb4c04653aed0a

 
<長野県松本の銭湯『菊の湯』で長湯文庫フェアを開催!>

そして、2021年9月26日の出版に合わせて、長野県松本の銭湯「菊の湯」で長湯文庫フェアを開催。菊の湯は、2020年の秋より、斜向かいにある喫茶兼本屋の〈栞日〉が、先代より事業を継承し、運営。

 

 
長湯文庫を読みながら、いい湯加減を愉しみ、向かいの栞日へ。銭湯好き、本好きにはたまらない、完璧なコースをお愉しみください。

 

『するべきことは何ひとつ』著者プロフィール

 
■作家:モノ・ホーミーさん

図案家。1986年生まれ。鹿児島県出身、東京都在住。

本の装画を中心としたイラストレーションの仕事の傍ら、2019年2月6日よりひとつの絵とひとつの物語からなる『貝がら千話』を制作。

長湯文庫には「浴槽の裸婦」を書き下ろし。

 
■装画:木村直広(きむら・なおひろ)さん

日本画家。1993年生まれ。新潟県出身。東北芸術工科大学大学院修了、日本美術院院友。

今回の装画は石や鉱石を砕いてできる絵の具を使用しており、粒子感が特徴。お風呂は描かれていないものの、どこかお風呂を感じさせる作品に。

 

出版社/株式会社さりげなくについて

京都で6名のメンバーと小さく本作りをしています。テーマは、わかりにくい本をつくること。

 
■本社住所:京都府京都市左京区下鴨北茶ノ木町25-3 花辺内

★URL:https://www.sarigenaku.net/

 
【関連】
短編集 するべきことは何ひとつ|長湯文庫|さりげなく | 出版社さりげなく

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です