本のページ

SINCE 1991

トランスジェンダーの“性の違和感”体験を伝える絵本『せかいにひとりだけのぼく』制作・出版に向けたクラウドファンディングを開始

トランスジェンダーの“性の違和感”体験を伝える絵本『せかいにひとりだけのぼく』

トランスジェンダーの“性の違和感”体験を伝える絵本『せかいにひとりだけのぼく』

出生時の性別と性自認が異なるトランスジェンダーの男性・竹紫春翔(ちくし・はると)さん(本名:大城春香/32歳/神戸市)が自らのおいたちや体験をもとにした絵本『せかいにひとりだけのぼく』の制作・出版のためのクラウドファンディングを立ち上げました。

公共施設への寄付、講演費用など120万円の調達を目指し、支援は10月11日まで受け付けています。なお、8月8日から18日間で50%達成しています。

 

男女って何? 性別の枠を越えた、個性を大切にする絵本を子供達に届けたい

竹紫春翔さんは沖縄県生まれで体は女性、心は男性のトランスジェンダーです。

幼少期から自分の性に違和感を持ち、小学校6年生で女性の先生を好きになったときに、人と違うことに気づきました。男子生徒に混じり小・中・高と野球に打ち込みますが、いじめに遭うなど苦しい学生生活を送ることとなりました。

母へのカミングアウトは25歳のとき。家を出ることを覚悟して打ち明けたのに、母はあっさりと受け入れて拍子抜けしたそうです。

 
竹紫さんは語ります。

「母に受け入れてもらったことをきっかけに、トランスジェンダーは自分の個性だと思うようになり、前を向いて歩んで行けるようになりました。その体験を絵本という形で世に出し、同じような悩みを持つ大人、子供に勇気と希望を与えたいです。現在、日本のLGBTの割合は8~9%と言われています。誰にも打ち明けられず、相談もできない。そんな人びとを寛容に受け入れていく社会になっていくことを望みます。絵本出版はその第一歩になると信じています」

左・竹紫春翔さん、右・絵本作家Haijiさん

左・竹紫春翔さん、右・絵本作家Haijiさん

★クラウドファンディング 「男女って何?性別の枠を越えた、個性を大切にする絵本を子供達に届けたい」:https://camp-fire.jp/projects/view/452364

 

著者プロフィール

 
■竹紫春翔(ちくし・はると)さん

1989年生まれ、沖縄県那覇市出身、神戸市灘区在住。本名は「大城春香」。

関西を中心にオニイタレントとして活動。LGBTの講演も積極的に行っている。

★Instagram:https://www.instagram.com/haruto_chikushi_onii516/

 
■Haiji(ハイジ)さん

1984年生まれ、山口県下松市出身、西宮市在住。絵本作家。本名は「平野沙緒理」。

「ほっこり優しいイラストで子どもたちを笑顔にしたい」をテーマに絵本を描く。絵本に『パイクとそら』『シェリーとのんちゃん』など。

★Webサイト:https://haijinoenikki.com/

 
【関連】
男女って何?性別の枠を越えた、個性を大切にする絵本を子供達に届けたい。 – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です