本のページ

SINCE 1991

福田和代さん”予言の書”『東京ホロウアウト』がコロナ禍の現実を反映するなど大幅改稿を経て、緊急文庫化! 福田和代さんが本作への真摯な想いを綴った文庫版あとがきを公開

福田和代さん著『東京ホロウアウト』

福田和代さん著『東京ホロウアウト』

オリンピック開催直前の2021年7月、コロナ禍の東京、物流崩壊の危機――。
現実とシンクロする、福田和代さんのサスペンス『東京ホロウアウト』が文庫化され、創元推理文庫より刊行されました。

単行本刊行時「予言の書」として話題になったサスペンス小説を、コロナ禍の現実を反映するなど大幅改稿を経て、緊急文庫化したものです。

 

「混沌とした現実の中、この物語が人々の励みになる」と緊急文庫化を決定

2021年7月、オリンピック開催を間近に控えた東京で起こる前代未聞の物流を狙ったテロ。事態を覆すべく立ち向かうのは、名もなき市井の人々だった――。現実とシンクロする物流崩壊の危機を描き話題を呼んだ、第一級の傑作サスペンス!

 
2020年3月の単行本刊行時、テロによって引き起こされた物流崩壊の危機に立ち向かう人々を描いた本作は、「コロナ禍の影響で、マスクやトイレットペーパー、食料の買い占めなどで混乱に陥っている人々と、それを解消するため奔走するドライバーやメーカーといった物流関係者の様子が、現実とシンクロしている」と、『朝日新聞』や『日経新聞』『週刊文春』などで取り上げられ、「予言の書」として反響を呼びました。

 
それから約1年半経った2021年6月の現在でも、未だ現実はコロナ禍で混沌としています。東京創元社は、そんな状況でも、「『困難に対し、己の仕事をまっとうすることで立ち向かう人々の物語』を届けることで、励みにしていただけたら」という思いから、同月に緊急の文庫版刊行を決定しました。

文庫化にあたり、舞台を2020年から2021年に変更。コロナ禍の情勢を踏まえた大幅改稿となっています。

 

物流を絶たれた時の首都の脆さ、日常が危機に陥って初めて分かる流通の凄さ

オリンピック開催が間近に迫る東京で発生した、物流を狙ったテロ。まず配送トラックを狙った青酸ガステロ事件が起こり、さらに鉄道が爆破され、高速道路でのトンネル火災も発生。その結果、交通が分断され、食料品は届かず、都心に向かう物流がせき止められてしまう。後手に回る政治家の対応、情報に不安に煽られる人々――。

 
物流が遮断された時の東京の脆さや、モノがなく混乱に陥る人々を見事に描き切った本作は、パニックサスペンスとして一級品でありつつ、物流業界や東京という大都市が抱える問題も鋭く描いています。

著者が緻密な取材を元に描いた流通の裏側はこれまであまり知られていない事実も多く、私たちが当たり前に過ごせる日常生活が、どれだけ様々なプロの仕事の上に成り立っているのかと、改めて気づかされます。

 

運送会社から「社員や運送業界に広めたい」という反響も

物流問題を扱うと共に、長距離トラックドライバーの活躍を描いている本作は、物流業界からの反響もありました。

 
ある運送会社会長は「この作品は我々物流に携わる者も読むべき作品」として、社員や業界内に配布するためにまとめて購入されたそうです。他にも「今直面している問題をリアルに描いている」など称賛の声が寄せられています。

主人公である、長距離トラックドライバー・世良たちの「陸の孤島と化した東京を助けたい」という奮闘や、仕事にかける想いの熱さは確実に多くの読者の共感を得ています。

 

困難に立ち向かう“市井の人々”の姿に勇気

物語の中で事態を覆すべく奮闘するのは、長距離トラックドライバー以外にも、スーパーの店員、主婦といった市井の人たちがいます。

自分たちの仕事に誇りを持ち、かつまっとうすることで困難に立ち向かう、“名もなきプロ”である彼らの生き様に勇気が湧くことでしょう。

 
福田和代さんによる本作への真摯な想いを綴ったあとがきや、大矢博子さんによる詳細な解説にも注目です。

★福田和代さん『東京ホロウアウト【文庫版】』あとがき公開中:http://www.webmysteries.jp/archives/26641220.html

 

著者プロフィール

著者の福田和代(ふくだ・かずよ)さんは、1967年生まれ。兵庫県出身。神戸大学卒業。2007年、長編『ヴィズ・ゼロ』でデビュー。緻密な取材と抜群のリーダビリティが高く評価される。

他の著作に『TOKYO BLACKOUT』『バー・スクウェアの邂逅』『バー・スクウェアの矜持』『火災調査官』『星星の火』などがある。

 

東京ホロウアウト (創元推理文庫)
福田 和代 (著)

コロナ禍や自然災害に立ち向かう私たちの唯一の手段は、自分の仕事にプライドを持ち、全うすることなのだ。
本書は、そんなすべての人へ敬意を捧げる物語なのである。―大矢博子(解説より)
コロナ禍の東京を襲う物流崩壊サスペンス

夏季オリンピック開催間近の東京で、新聞社に「開会式の日、都内を走るトラックの荷台で青酸ガスを発生させる」という予告電話がかかってきたのが、すべての始まりだった。直後、配送トラックを狙った予告通りの事件が次々と起こる。さらには鉄道の線路が破壊され、高速道路ではトンネル火災が発生。あちこちで交通が分断され、食料品は届かず、ゴミは回収されないまま溜まり続け、多くの人々がひしめく東京は陸の孤島に――。 この危機から東京を救うため、物流のプロである長距離トラックドライバーたちが、経験と知恵を武器に立ち上がる!

単行本刊行時に「現実とシンクロする、物流崩壊の危機を描いたサスペンス」として反響を呼んだ話題作、加筆修正を経て待望の文庫化!

 
【関連】
Webミステリーズ! : 福田和代『東京ホロウアウト【文庫版】』あとがき

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です