本のページ

SINCE 1991

“イヤミス”を超えた“オゾミス”!神津凛子さん「第13回小説現代長編新人賞」受賞作『スイート・マイホーム』が文庫化

神津凛子さん著『スイート・マイホーム』

神津凛子さん著『スイート・マイホーム』

2018年に第13回小説現代長編新人賞を受賞した、神津凛子さん著『スイート・マイホーム』が文庫化され、講談社文庫より刊行されました。

 

「まほうの家」へようこそ。読めばもう、帰れない……

隙間風に苛まれる日々を脱すべく、念願の家を購入した賢二。
愛する妻と娘と引っ越したそこは、暖かくて快適な、まさに「まほうの家」……だったはずなのに…。
立て続けに起こる異変と、家中に漂う見知らぬ誰かの気配が、一家を恐怖の淵に追い詰める。
そして、とうとう死者が。
この悪夢の先に待ち受けているものとは……。

 
《マンガで予習》1分でわかる『スイート・マイホーム』!

マンガ:田中六大

マンガ:田中六大

 
家が大好きな方はご注意ください!

(担当編集より)

読んだらもう、家は安心できる場所ではなくなります。
クローゼットの隙間、換気扇の奥、夜寝る時のちょっとした物音、些細なこと全ての裏に、“何か”がいるような気がしてくるのです。
ですが、読むことを選んだ方には約束しましょう。素晴らしい読書体験を!
私と同じく、あまりの面白さに寝ることを忘れ、気になりすぎる結末まで一気に読んでしまい、寝不足になってしまうこと間違いなしです。
この家で何が起きているのか、ぜひあなたの目で確かめてください!

 
選考委員、全員戦慄!!

 

著者プロフィール

著者の神津凛子(かみづ・りんこ)さんは、1979年生まれ。長野県出身。歯科衛生専門学校卒業。2018年、『スイート・マイホーム』(本作)で第13回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。

他の著作に『ママ』がある。長野県在住。

 

スイート・マイホーム (講談社文庫)
神津 凛子 (著)

解説/伊藤潤二

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です