本のページ

SINCE 1991

【第74回日本推理作家協会賞】坂上泉さん『インビジブル』、櫻田智也さん『蝉かえる』などが受賞

第74回日本推理作家協会賞が決定!

第74回日本推理作家協会賞が決定!

日本推理作家協会は4月22日、第74回日本推理作家協会賞の受賞作を発表しました。

 

第74回日本推理作家協会賞が決定! 坂上泉さんは大藪春彦賞とW受賞!

第74回日本推理作家協会賞の各部門の受賞作は次の通りです。
なお、長編および連作短編集部門を受賞した坂上泉さんの『インビジブル』は今年1月に第23回大藪春彦賞も受賞しています。

 
<長編および連作短編集部門>


◎坂上泉(さかがみ・いずみ)さん
『インビジブル』(文藝春秋)

◎櫻田智也(さくらだ・ともや)さん
『蝉かえる』(東京創元社)

 
<短編部門>

結城真一郎(ゆうき・しんいちろう)さん
「#拡散希望」(新潮社『小説新潮』2月号)

 
<評論・研究部門>

真田啓介(まだ・けいすけ)さん
『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみI フェアプレイの文学』および
『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみII 悪人たちの肖像』(荒蝦夷)

 
選考委員は、「長編および連作短編集部門」が北村薫さん、恒川光太郎さん、法月綸太郎さん、馳星周さん、柚月裕子さん、「短編部門」および「評論・研究部門」が垣根涼介さん、門井慶喜さん、深水黎一郎さん、薬丸岳さん、山前譲さん。

 
なお、第74回日本推理作家協会賞の各部門の候補作品は以下通りです。

<長編および連作短編集部門>
◎彩坂美月さん『向日葵を手折る』(実業之日本社)
◎王谷 晶さん『ババヤガの夜』(河出書房新社)
◎坂上 泉さん『インビジブル』(文藝春秋)
◎櫻田智也さん『蝉かえる』(東京創元社)
◎長浦 京さん『アンダードッグス』(KADOKAWA)

<短編部門>
◎青崎有吾さん 「風ヶ丘合唱祭事件」(東京創元社『ミステリーズ!』Vol.100)
◎一穂ミチさん 「ピクニック」(講談社『小説現代』11月号)
◎乾くるみさん 「夫の余命」(文藝春秋『オール讀物』7月号)
◎北山猛邦さん 「すべての別れを終えた人」(星海社『ステイホームの密室殺人1 コロナ時代のミステリー小説アンソロジー』収録)
◎結城真一郎さん「#拡散希望」(新潮社『小説新潮』2月号)

<評論・研究部門>
◎飯城勇三さん『数学者と哲学者の密室 天城一と笠井潔、そして探偵と密室と社会』(南雲堂)
◎真田啓介さん『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみI フェアプレイの文学』および『真田啓介ミステリ論集 古典探偵小説の愉しみII 悪人たちの肖像』(荒蝦夷)
◎山本幸正さん『松本清張が「砂の器」を書くまで ベストセラーと新聞小説の一九五〇年代』(早稲田大学出版部)

 

日本推理作家協会賞について

日本推理作家協会賞は、日本推理作家協会が主催する文学賞です。前年に発表された推理小説の中で最も優れた作品に授与されます。

受賞者には、正賞として名入り腕時計が、副賞として賞金50万円が贈られます。

 

インビジブル
坂上 泉 (著)

【昭和29年、大阪を襲う連続猟奇殺人】
デビュー作『へぼ侍』が松本清張賞、日本歴史時代作家協会賞新人賞の二冠!

実在した「大阪市警視庁」を舞台に新鋭が放つ、戦後史×警察サスペンス

昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警から派遣された警察官僚の守屋と組みはめに。帝大卒のエリートなのに聞き込みもできない守屋に、中卒叩き上げの新城は厄介者を押し付けられたと苛立ちを募らせるが―。はぐれ者バディVS猟奇殺人犯、戦後大阪の「闇」を圧倒的リアリティで描き切る傑作長篇。

蝉かえる (ミステリ・フロンティア)
櫻田 智也 (著)

法月綸太郎、絶賛!
「ホワットダニット(What done it)ってどんなミステリ?その答えは本書を読めばわかります」
ブラウン神父、亜愛一郎に続く、名探偵・魞沢泉の鮮やかな推理!
ミステリーズ!新人賞作家が贈る『サーチライトと誘蛾灯』に連なる第2弾

ブラウン神父、亜愛一郎に続く、”とぼけた切れ者”名探偵である、昆虫好きの青年・エリ沢泉(えりさわせん。「エリ」は「魚」偏に「入」)。彼が解く事件の真相は、いつだって人間の悲しみや愛おしさを秘めていたーー。 16年前、災害ボランティア中の青年が目撃した、神域とされる森に現れた少女の幽霊。その不思議な出来事に対し、エリ沢が語った意外な真相とは(表題作)。交差点での交通事故と団地で起きた負傷事件の謎を解く、第73回日本推理作家協会賞候補作「コマチグモ」など5編を収録。注目の若手実力派・ミステリーズ! 新人賞作家が贈る、ミステリ連作集。

 
【関連】
ホーム|日本推理作家協会

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です