本のページ

SINCE 1991

爪切男さん『クラスメイトの女子、全員好きでした』刊行記念!上出遼平さんとオンライントークイベント「少年時代の恋とか友情とか言えないこととか。」を開催

爪切男さん著『クラスメイトの女子、全員好きでした』

爪切男さん著『クラスメイトの女子、全員好きでした』

集英社は、デビュー作『死にたい夜にかぎって』がドラマ化されヒット、また今年2月から3ヵ月連続刊行が話題の作家・爪切男さんの最新刊『クラスメイトの女子、全員好きでした』(4月26日発売)の刊行を記念して、オンライントークイベント「少年時代の恋とか友情とか言えないこととか。」を開催します。

 

『クラスメイトの女子、全員好きでした』について

 
【あらすじ】
小学校から高校までいつもクラスメイトの女子に恋をしていた。
主演・賀来賢人さん、ヒロイン・山本舞香さんでドラマ化もされたデビュー作『死にたい夜にかぎって』の前日譚ともいえる、全20篇のセンチメンタル・スクールエッセイ。きっと誰もが“心の卒業アルバム”を開きたくなる、せつなくておもしろくてやさしくて泣ける作品。

 
帯の推薦文はアイナ・ジ・エンド(BiSH)さん。
「爪さんの人生は、いたってまともじゃない。どんな自分になったって、笑って生きていける気がしました。この一冊は、私の温かい居場所です」

 

オンライントークイベント「少年時代の恋とか友情とか言えないこととか。」 開催概要

 
<イベント内容>
デビュー作『死にたい夜にかぎって』がいきなりドラマ化もされヒットするなど注目の作家・爪切男さん。今年2月から3か月連続での刊行も話題になっていますが、そのラストを飾るエッセイ『クラスメイトの女子、全員好きでした』刊行を記念したスペシャルイベント!

ゲストに、『ハイパーハードボイルドグルメリポート』などを手掛けるテレビディレクター上出遼平さんを迎え、今回のエッセイのテーマにちなみ、ふたりの注目クリエイターの「少年時代の恋や友情、ハマったもの、当時の夢や想い、ここでしか言えないこと」などについて語り合います。少年時代のいろんな想いや経験が、表現者としての今に、いかに活きているのか? もちろん「ここだけ」のハードボイルドなトークに脱線する可能性も大! 間違いなく面白すぎる90分になります。 

 
■開催日:2021年4月29日(木)18:00~19:30

■会場:青山ブックセンター本店 zoomにて

■定員100名

■参加費
(1) 参加費のみ:1,320円(税込み)
(2) 参加費+『クラスメイトの女子、全員好きでした』(著者サイン本・送料込み):2,970円(税込み)

★参加方法&詳細:http://www.aoyamabc.jp/event/tsume-kamide/

 

登壇者プロフィール

 
■爪切男(つめ・きりお)さん

(撮影:江森丈晃)

(撮影:江森丈晃)

作家。1979年、香川県生まれ。2018年『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)にてデビュー。同作が賀来賢人さん主演でドラマ化されるなど話題を集める。

2021年2月に『もはや僕は人間じゃない』(中央公論新社)、3月に『働きアリに花束を』(扶桑社)、4月に『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)とデビュー2作目から3か月連続刊行され話題に。

 
■上出遼平(かみで・りょうへい)さん

テレビディレクター・プロデューサー。1989年、東京都生まれ。早稲田大学を卒業後、2011年株式会社テレビ東京に入社。

『ハイパーハードボイルドグルメリポート』シリーズの企画、演出、撮影、編集まで番組制作の全過程を担う。同名タイトルの書籍『ハイパーハードボイルドグルメリポート』(朝日新聞出版)もヒット。

 

クラスメイトの女子、全員好きでした
爪 切男 (著)

【目次】
<小学校編>
傘をささない僕らのスタンド・バイ・ミー/恋の隠し味はしそと塩昆布/この世で一番「赤」が似合う女の子/宇宙で一番美しかった嘔吐/ワックスの海を滑る僕らの学級委員長/恋の呪文はネルネルネルネ/金的に始まり金的に終わる恋/学校のマドンナは水飲み場の妖怪/ベルマークの数だけキスをして/幼なじみの罪とヤマボウシは蜜の味/僕とおっぱいの三年戦争
<中学・高校編>
幼なじみの愛しき殺意/君の青ヒゲと俺の無精ヒゲ/空を飛ぶほどアイ・ラブ・ユー/アリの巣・イン・ザ・恋のワンダーランド/放課後のジャイアントスイング・プリンセス/私だけの歌姫はクラスで一番地味な女の子/霊能力美少女と肝試し大会とSMAPと/一九九五年のカヒミ・カリィ・シンドローム/嘘つき独眼竜 VS 恋するミイラ男

<参考>

死にたい夜にかぎって (扶桑社文庫)
爪 切男 (著)

ドラマ化決定の話題作がついに文庫化。
愛が欲しくて愛に振り回された男の実話小説。
忘れたくない失恋(かこ)がある。

「君の笑った顔、虫の裏側に似てるよね。カナブンとかの裏側みたい」――
憧れのクラスメイトに指摘された少年は、その日を境にうまく笑えなくなった。
“悲劇のようで喜劇な人生”を切なくもユーモア溢れる筆致で綴る作家・爪切男のデビュー作。
出会い系サイトに生きる車椅子の女、カルト宗教を信仰する女、新宿で唾を売る女etc.
幼くして母に捨てられた少年は、さまざまな女性たちとの出会いを通じ、少しずつ笑顔を取り戻 していく。

文庫には、アイナ・ジ・エンド(BiSH)による解説「死にたい夜を超えていく」を特別収録。 ドラマは2020年初春に放送予定。

<本文より>
私の笑顔は虫の裏側に似ている。
学校で一番可愛い女の子が言っていたのだから間違いない。
生まれてすぐに母親に捨てられ、母乳の出ない祖母のおっぱいを吸って育った。
初恋の女の子は自転車泥棒で、初体験の相手は車椅子の女性だった。
初めて出来た彼女は変な宗教を信仰しているヤリマンで、とにかくエロかった。
そして今、震度四強で揺れる大地の上で人生最愛の女にフラれている最中だ。
部屋の窓から鋭角に差し込む朝の光を浴びた彼女が、ヤジロベエのようにゆらゆらと揺れている 。

 
【関連】
少年時代の恋とか友情とか言えないこととか。爪切男 × 上出遼平トークイベント | 青山ブックセンター

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です