本のページ

SINCE 1991

【第23回大藪春彦賞】坂上泉さん『インビジブル』が受賞

第23回大藪春彦賞が決定!

第23回大藪春彦賞が決定!

徳間書店は1月22日、作家・大藪春彦さんの業績を記念し、その物語世界を引き継ぐ新進気鋭の作家および作品に贈られる「第23回大藪春彦賞」の受賞者・受賞作を発表しました。

 

第23回大藪春彦賞が決定!

第23回大藪春彦賞の選考会が1月22日午後5時より東京・新橋の第一ホテル東京でリモート形式にて開催され、次の通り受賞作家と作品を選出しました。

 
<第23回大藪春彦賞 受賞作家・受賞作品>

坂上泉(さかがみ・いずみ)さん
『インビジブル』(文藝春秋)

坂上泉さん著『インビジブル』

坂上泉さん著『インビジブル』

 
選考委員は、大沢在昌さん、黒川博行さん、東山彰良さん。

受賞者の坂上泉さんには、大藪春彦賞選考委員会と後援の徳間書店から正賞として顕彰牌・賞状と、副賞300万円が贈られます。

贈賞式は今般の状況により3月上旬に関係者のみにて執り行われます。また、昨年10月26日に決定した第4回大藪春彦新人賞(受賞者:野々上いり子さん/受賞作:青葱 <応募時のタイトル「葱青」を改題>)の贈賞式も同時に行われます。

 
なお、候補作は以下の4作品でした。

【第23回大藪春彦賞 候補作】
◎赤神諒さん『計策師 甲駿相三国同盟異聞』(朝日新聞出版)
◎宇佐美まことさん『ボニン浄土』(小学館)
◎坂上泉さん『インビジブル』(文藝春秋)
◎新庄耕さん『地面師たち』(集英社)

 

坂上泉さん プロフィール

受賞者の坂上泉さんは、1990年生まれ。兵庫県出身。東京大学文学部日本史学研究室卒業。専攻は近代史。

2019年「明治大阪へぼ侍 西南戦役遊撃壮兵実記」で第26回松本清張賞を受賞。同作を改題した『へぼ侍』で第9回日本歴史時代作家協会賞新人賞を受賞。東京都新宿区在住。

 

大藪春彦賞について

大藪春彦賞は、作家・大藪春彦さんの業績を記念し徳間書店が創設、「優れた物語世界の精神を継承する新進気鋭の作家及び作品」に贈られる文学賞です。

大藪春彦賞選考委員会が主催し、毎年10月1日から翌年9月末日までに発表された小説作品の中から選ばれます。

 

インビジブル
坂上 泉 (著)

【昭和29年、大阪を襲う連続猟奇殺人】
デビュー作『へぼ侍』が松本清張賞、日本歴史時代作家協会賞新人賞の二冠!

実在した「大阪市警視庁」を舞台に新鋭が放つ、戦後史×警察サスペンス

昭和29年、大阪城付近で政治家秘書が頭を麻袋で覆われた刺殺体となって見つかる。大阪市警視庁が騒然とするなか、若手の新城は初めての殺人事件捜査に意気込むが、上層部の思惑により国警から派遣された警察官僚の守屋と組みはめに。帝大卒のエリートなのに聞き込みもできない守屋に、中卒叩き上げの新城は厄介者を押し付けられたと苛立ちを募らせるが―。はぐれ者バディVS猟奇殺人犯、戦後大阪の「闇」を圧倒的リアリティで描き切る傑作長篇。

 
【関連】
第23回大藪春彦賞受賞作品決定 – 徳間書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です