本のページ

SINCE 1991

声優・池澤春菜さん「新訳ドリトル先生」オンライン朗読会を開催! 解説は河合祥一郎さん

「新訳ドリトル先生」オンライン朗読会 池澤春菜さん+解説:河合祥一郎さん

「新訳ドリトル先生」オンライン朗読会 池澤春菜さん+解説:河合祥一郎さん

KADOKAWAは、イギリス児童文学の名作『新訳 ドリトル先生と月からの使い』(ヒュー・ロフティング/訳:河合祥一郎さん/角川文庫)の刊行を記念して、声優でエッセイストの池澤春菜さんによるオンライン朗読会を2021年4月12日(月)に開催します。

さらにトークショーでは翻訳者で英文学者の河合祥一郎さんとお二人で、作品の魅力や、著者ロフティングの背景、翻訳のポイントなどについてもたっぷりと語ります。

 

池澤春菜さんがあの名作を朗読! 親子で楽しめるスペシャル朗読会を開催

 
【「新訳ドリトル先生」オンライン朗読会 池澤春菜+解説:河合祥一郎】開催概要

■出演:池澤春菜さん、河合祥一郎さん

■日時:2021年4月12日(月)17:00~18:30(受付16:30~)
※終了時間が若干前後する可能性があります。

■会場:オンライン(Zoom)

■定員:400名
※先着順となりますので、お早めにお申し込みください。

■参加費:2,200円 (税込)

★チケットの購入&詳細:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/014afafcrbi11.html

 
<イベント内容>

(1) 朗読会第1部 『新訳 ドリトル先生航海記』から一遍+トーク
靴屋の貧しい少年トミーは、ケガしたリスのために、町で噂のお医者さんドリトル先生のおうちに通います。でも、世界中を旅している先生はいつもお留守。なかなか出会うことができません。ある大雨の日、トミーは、背の低い太ったおじさんにぶつかります。「大人の男の人にぶつかってしまった! 怒られる」と思ったトミーは、あわててあやまります。ところがそのおじさんは、怒るどころか大笑いしだしました。そして、その人こそがドリトル先生だったのです。

(2) 朗読会第2部 『新訳 ドリトル先生アフリカへ行く』シリーズから一遍+トーク
先生はジャングルのサルの間にひろがる、おそろしい伝染病の話を聞き、仲良しの動物たちとアフリカに向かい大冒険し、病気のサルたちを救います。それに感動したサルたちは、イギリスに帰る先生に、世にもめずらしい動物ボクコチキミアチをプレゼントしようと思い立ちます。でも、ある理由があって、ボクコチキミアチはなかなかつかまえることができません。サルたちは苦労してボクコチキミアチをつかまえようとするのですが……。

(3) おまけの朗読 『新訳 ドリトル先生と月からの使い』の一遍
ドリトル先生と動物たちは、あらたな冒険をもとめて「行きあたりばったりの旅」をすることに。「行きあたりばったりの旅」というのは、ぱらぱらと世界地図をめくっている最中に鉛筆を差し入れ、その鉛筆の印がついた場所に行く、というゲームです。そして、印がついた場所――先生たちの旅の目的地は、行き当たりばったりの偶然というよりも、なんとも奇妙な、そして運命のような場所でした。

 

出演者プロフィール

 
■池澤春菜(いけざわ・はるな)さん

ギリシャ・アテネ生まれ。声優、エッセイスト。父に作家の池澤夏樹さん、祖父に作家の福永武彦さんを持ち、自身も各誌で連載を持つなど文筆家・書評家としても活躍。日本SF作家クラブ会長。

著書に『最愛台湾ごはん 春菜的台湾好吃案内』シリーズ(KADOKAWA)、『はじめましての中国茶』『乙女の読書道』(ともに本の雑誌社)、『SFのSは、ステキのS』(早川書房)、父である池澤夏樹さんとの共著『ぜんぶ本の話』、共訳『無垢の歌』(ともに毎日新聞出版)。

 
■河合祥一郎(かわい・しょういちろう)さん

1960年生まれ。東京大学およびケンブリッジ大学より博士号を取得。現在、東京大学教授。

著書に第23回サントリー学芸賞受賞の『ハムレットは太っていた!』(白水社)、『シェイクスピア 人生劇場の達人』(中公新書)、NHKテレビテキスト 100分de名著『シェイクスピア「ハムレット」』(NHK出版)など。『新訳 ドリトル先生』シリーズ、『新訳 ナルニア国物語』シリーズ、シェイクスピア新訳などを角川文庫にて刊行中。戯曲に『国盗人』『ウィルを待ちながら』『不破留寿之太夫』など。

 

『新訳 ドリトル先生と月からの使い』について

『新訳 ドリトル先生と月からの使い』(著:ヒュー・ロフティング/訳:河合祥一郎/装画:ももろ)

『新訳 ドリトル先生と月からの使い』(著:ヒュー・ロフティング/訳:河合祥一郎/装画:ももろ)

<あらすじ>

恩田陸さん推薦! 超巨大生物に乗って、いざ月へ! ちょんまげ犬も登場する第7巻!

犬の博物館でにぎわうドリトル家の庭に、謎の巨大生物が舞い降りた!
えっ、先生を迎えに来た月からの使い?宇宙への大冒険が始まる。教授犬やちょんまげ犬の愉快なお話も満載!

 

新訳 ドリトル先生と月からの使い (角川文庫)
ヒュー・ロフティング (著), 河合 祥一郎 (翻訳)

ドリトル家には楽しい動物の施設がいっぱい。なかでも犬のケッチ教授の博物館では、変わった発掘品が集められ、ちょんまげ犬の物語など、毎晩愉快なお話会が開かれる。一方、虫語の研究に夢中な先生が、ハエの館を作りたいと言いだして、アヒルの家政婦ダブダブはかんかん! そんなある日、お庭に謎の巨大生物が舞い降りた。えっ、先生を迎えに来た月からの使い!? さあ、いよいよ月への大冒険が始まる。

 
【関連】
「新訳ドリトル先生」オンライン朗読会 池澤春菜+解説:河合祥一郎 – パスマーケット

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です