本のページ

SINCE 1991

桐野夏生さん最新長編小説「真珠とダイヤモンド」が『サンデー毎日』で連載開始 吉川英治文学新人賞受賞の加藤シゲアキさんが表紙&グラビア&インタビューに登場

『サンデー毎日』4月4日号表紙

『サンデー毎日』4月4日号表紙

毎日新聞出版が発行する『サンデー毎日』では、3月23日発売の4月4日号から桐野夏生さんの最新長編小説「真珠とダイヤモンド」の連載がスタートします。表紙は吉川英治文学新人賞受賞で話題の加藤シゲアキさんで、巻頭グラビアとインタビューも掲載されています。

 

「真珠とダイヤモンド」連載開始についての桐野夏生さんのコメント

バブル時代とは、1986年から89年頃のことを言うらしい。当時の私は、子供を保育園に預けて、赤ちゃん雑誌のライターをしていた。駆け回っている割には、たいしたギャラも貰えず、ただ疲れるだけだった。しかし、近所のやたらと羽振りのいい若夫婦の夫は、「金融」に勤めていると自慢げに言い、ある若い女性編集者は、私たちが日本で初めてボジョレー・ヌーボーを飲んだ世代なのよ、と私を憐れむように言った。彼らに共通するのは、時代の富を享受できない者に対する、圧倒的な想像力の欠如だった。

 
どうやら、その頃かららしい。貧乏であることは恥だ、という風潮が生まれたのは。もしかすると、その風潮に先鞭を付けたのは、84年に出版された渡辺和博氏の『金魂巻』だったかもしれない。「マル金」と「マルビ」。誰もが「マルビ」と言われないように、見栄を張りまくった。日本人はバブル時代から、「格差」を好み始めたのである。

 
さて、私はこれから、ある事件に巻き込まれた夫婦の物語を書こうとしている。その夫婦は、バブル時代に巨額の金を儲け、二十五年後に、まるでそのツケを払うかのように、トラブルに遭って死んだ。いったいバブルとは何だったのか。彼らはどうして死ななければならなかったのか。バブルの恩恵にはまったく浴さなかったものの、その時代を横目で見ていた私が解明しようとしているのだが、さて、うまくいくだろうか。ぜひ、読んで確かめていただきたい。

 

桐野夏生さん プロフィール

桐野夏生さん (c)Keiichi SUTO

桐野夏生さん (c)Keiichi SUTO

桐野夏生(きりの・なつお)さんは、1951年生まれ。1993年『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞を受賞。1999年『柔らかな頬』(講談社)で直木賞、2003年『グロテスク』(文藝春秋)で泉鏡花文学賞、2004年『残虐記』(新潮社)で柴田錬三郎賞、2005年『魂萌え!』(毎日新聞社)で婦人公論文芸賞、2008年『東京島』(新潮社)で谷崎潤一郎賞、2009年『女神記』(KADOKAWA)で紫式部文学賞、『ナニカアル』(新潮社)で2010年、2011年に島清恋愛文学賞と読売文学賞の二賞を受賞。1998年に日本推理作家協会賞を受賞した『OUT』(講談社)で、2004年エドガー賞(Mystery Writers of America主催)の候補となった。2015年、紫綬褒章を受章。

 

表紙は吉川英治文学新人賞受賞で話題の加藤シゲアキさん

今号の表紙を飾るのは、アイドルグループ「NEWS」のメンバーで、2020年に発表した小説『オルタネート』が直木賞、本屋大賞にノミネートされ、吉川英治文学新人賞を獲得するなど、小説家としても活躍する加藤シゲアキさんです。

 
新作舞台「モダンボーイズ」では戦前の浅草を舞台に、プロレタリア革命を目指しながら、ひょんなことからレビュー一座に加わる青年を演じます。戦雲近づく時代にエンターテインメントで抵抗した人間たちを描いた本作を受けての本誌のインタビューでは、加藤シゲアキさん自身も、さまざまな価値観が鋭く対立する現代にエンタメの力で挑む気概を、熱い言葉で語っています。

さらに自身の創作論、そしてもちろんアイドルとしての新たな決意など、今の気持ちがたっぷり綴られています。

 
なお、5ページの美麗な巻頭カラーグラビアは、小説家としてのデビュー作にかけた“ピンクとグレー”がモチーフとなっています。

 

サンデー毎日 2021年 4/4号【表紙:加藤シゲアキ】

表紙&巻頭グラビア:加藤シゲアキ
早稲田・慶應合格者高校別ランキング
◎「しなくていい」健康診断…寿命が延びる保証ナシ!
◎東大・京大前期詳報
◎看板学部の今
◎日本を動かす真の人脈【高校風土記】〔56〕茨城県
◎保阪正康【「世代」の昭和史】…全共闘が追及した矛盾の核心
◎下山進【2050年のメディア】…韓国映画『野球少女』
◎髙村薫【サンデー時評】…震災10年から五輪へ?独善と無責任の「日本病」
◎あなたの隣にいるマイルド・サイコパスの正体
◎わが家が一番危ない!…「尿漏れ」リスクに抗う術
◎いびつな許認可が生む総務省接待迎合の闇
◎アルツハイマー病は克服できるのか!田原総一朗が下山進に迫る
◎超大国・中国を読む
◎地下鉄サリン事件ドキュメンタリー映画「AGANAI」
◎メートル法導入100年「長さ」の栄枯盛衰記
◎加藤シゲアキ…魅かれるのは規制を乗り越えた「普遍」
〈NEWSNAVI〉
〈グラビア〉
・NEWSCLIP
・ひとり祈願、聖地めぐり<関東近郊編>
・ニュースな動物たち
・月刊くまモン
〈読者〉
・サンデー俳句王
・ラブYOU川柳
〈コラム〉
・青木理【抵抗の拠点から】
・中野翠【満月雑記帳】
・森健【季節の人たち】
・荻原博子【幸せな老後への一歩】
・牧太郎【青い空白い雲】
・山田美保子【ワイドショーの恋人】
・小川有里【加齢なる日々】
・池野佐知子【それってどうよ!?】
・元村有希子【科学のトリセツ】
・金子秀敏【世界透視術】
・蛭子能収【ニンゲン画報】
・毎日新聞校閲センター【校閲至極】
・毒蝮三太夫【マムシの小言】
・高橋源一郎【これは、アレだな】
・読んでトクする社会保障
・五木寛之【ボケない名言】
〈連載小説〉
・新連載桐野夏生【真珠とダイヤモンド】
・村山由佳【Row&Row】
〈人生相談〉
・中村うさぎ&マツコ・デラックス【信じる者はダマされる】
〈スポーツ〉
・井崎脩五郎【予想上手の馬券ベタ】
・小川勝【Sports Spirits】
〈マンガ〉
・コジロー【いつでも梅を】
〈SUNDAYLIBRARY〉
・著者インタビュー:島田雅彦
・工藤美代子【今こそ、読みたい】
・本郷和人【読んでたどる歴史】
・三浦天紗子【健康あれば憂いなし】
・岡崎武志【今週の新刊】
・阿川佐和子【読むことのつれづれ】
・村松友視【本のある日々】
・平辻哲也【Weekly Cinema】
・石川健次【Art Scene】
ほか

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です