本のページ

SINCE 1991

『金閣を焼かねばならぬ』内海健さん大佛次郎賞受賞記念講演会「金閣炎上――理性と狂気の出会い」開催

内海健さん著『金閣を焼かねばならぬ 林養賢と三島由紀夫』

内海健さん著『金閣を焼かねばならぬ 林養賢と三島由紀夫』

大佛次郎記念館と朝日新聞社は、第47回大佛次郎賞を『金閣を焼かねばならぬ 林養賢と三島由紀夫』 (河出書房新社)で受賞した内海健さんの受賞記念講演会「金閣炎上――理性と狂気の出会い」を6月27日に横浜市開港記念会館で開催します。

 

第47回大佛次郎賞受賞作『金閣を焼かねばならぬ』の著者、精神科医・内海健さんが語る

2020年(第47回)大佛次郎賞は衝撃的なタイトルの本が受賞しました。

『金閣を焼かねばならぬ 林養賢と三島由紀夫』

 
本書は、精神科医の内海健(うつみ・たけし)さんの20年来の構想が実を結んだ一作。
内海さんは、放火僧・林養賢が、統合失調症(当時で言う分裂症)を発症する途中過程で金閣を放火したと分析。
当時の誰もが林養賢の動機を看破しない中、三島由紀夫だけが小説『金閣寺』の中で正鵠を射ていたことを、精神病理学のみならず、哲学、文学などのジャンルを超えた幅広い知見から追及・分析しています。

 
大佛次郎記念館では、内海健さんによる大佛次郎賞受賞記念講演会「金閣炎上―理性と狂気の出会い」を、6月27日(日)、横浜市開港記念会館にて開催します。

 
【内海健さんからのメッセージ】

昭和25年に起きた金閣放火事件は、戦後の事件の中でも特筆すべきものであるが、さらにそれは三島由紀夫の『金閣寺』(昭和31年)によって特権的な輝きを放つようになった。
なにゆえに三島は、美というものを経由して、放火僧 林養賢の真実を穿つことができたのだろうか。
対極的な精神病理をもち、それぞれ違った方向に旅立った二人がいかにして邂逅したのか、精神科医の立場から今一度読み解いてみたい。

 

内海健さん プロフィール

提供:朝日新聞社

提供:朝日新聞社

内海健(うつみ・たけし)さんは、1955年生まれ。東京都出身。1979年、東京大学医学部卒業。精神科医、専攻は精神病理学。
東大分院神経科、帝京大学精神神経科学教室を経て、東京藝術大学教授・保健管理センター長。

著書に『「分裂病」の消滅』『パンセ・スキゾフレニック』『さまよえる自己』『うつ病の心理』『双極II型障害という病』『自閉症スペクトラムの精神病理』など。共著に『「うつ」の舞台』『発達障害の精神病理』(I・II)などがある。

 

大佛次郎賞受賞記念講演会 概要

■開催日時:2021年6月27日(日)14:00開演(13:30開場)

■会場:横浜市開港記念会館(横浜市中区本町1-6)

■料金:800円(全席指定)
※チケットを提示するとテーマ展示「これぞ!大佛歌舞伎」(展覧会期:4/24(土)~ 9/5(日))を1回ご観覧になれます。

■チケット販売 
◎チケットぴあ(Pコド:646334) 3/24(水)10:00~6/26(土)23:59
◎大佛次郎記念館窓口   3/24(水)10:00~6/26(土) 16:00

■当日券:残席があった場合のみ、講演会場にて12:30より販売

■主催:大佛次郎記念館/朝日新聞社
■後援:横浜市中区

★詳細:http://osaragi.yafjp.org/info/5935/

過去の大佛次郎賞受賞記念講演会の様子

過去の大佛次郎賞受賞記念講演会の様子

 

金閣を焼かなければならぬ
内海健 (著)

今から70年前、ひとりの青年僧が金閣に火を放った。その理由を問われた男は「美への嫉妬」とつぶやいたという。いや、この「行為」はそういうものなどではない。彼・林養賢に何があったのか。三島由紀夫は、期せずして、その真理を作品の中に描き出した。狂気に秘められた真相を追究・分析するノンフィクション。

 
【関連】
大佛次郎賞受賞記念講演会 精神科医・内海健「金閣炎上―理性と狂気の出会い」 | 大佛次郎記念館

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です