本のページ

SINCE 1991

古市憲寿さん異色の日本史入門『絶対に挫折しない日本史』が10万部突破! 「気持ちよさ」重視、固有名詞・年号は極力カット

古市憲寿さん著『絶対に挫折しない日本史』

古市憲寿さん著『絶対に挫折しない日本史』

今年9月に発売された古市憲寿さん著『絶対に挫折しない日本史』 (新潮新書)が12月22日、発売3カ月足らずで10万部を突破しました。

 

受験、就職試験にも役立つ画期的日本史入門!

著者の古市憲寿さんは、作家として、またテレビのコメンテーターとしてもお馴染みの存在ですが、もともとの肩書は「社会学者」。歴史の専門家ではありません。

同書はその点を「強み」に変換し、大胆に通史を解説したのが特徴です。

 
「まえがき」で古市さんは、書店には「わかりやすさ」をアピールする日本史の本が膨大にあるが、それは歴史に苦手意識を持つ人がたくさんいることの証明だ、と述べたうえで、こう続けます。

「なぜ人は日本史に挫折してしまうのか。まず覚える人名や用語が多すぎるのがよくない。高校生が大学受験のために使う『日本史用語集』には、「学習に必要と思われる用語」が何と1万700も収録されている。必ずしも全ての用語を覚える必要はないが、あまりにも多すぎる。

しかも歴史教科書には大したヤマもオチもない。特に古代史や中世史では、権力者の歴史ばかりが延々と説明される」

 
この考えから、同書では極端なまでに固有名詞や年号を排した形で、歴史の流れが記述されていきます。もっとも、古市さんは執筆に際して、膨大な専門書、論文を熟読。同書の註釈は400を超えます。

 
しかしながら、一方で意識したのは「気持ちよさ」だといいます。

「高いタワーの展望台に上って街を見下ろした時のように、対象から遠く離れた時にだけ見える景色がある。全貌を把握する快感を日本史という対象でも味わって欲しい。

そして一度、俯瞰図を頭の中に展開できるようになれば、この本よりもずっと難解で退屈な歴史書も理解しやすくなるだろう」(同)

 
ITによって記憶力が大きな意味を持たなくなることもあってか、受験などでも細かい年号や固有名詞ではなく、理解を問う論文問題が重視される傾向にあります。その際に必要なのは細かい断片的な知識ではなく、歴史を大きく捉える能力なのでしょう。

こうしたことも、ヒットの背景にあるようです。

 

本書の構成

まえがき 人はなぜ日本史に挫折するのか

第一部 通史編
1 いつ日本は誕生したのか(旧石器~縄文)
2 古代政権はフランチャイズ運営(弥生~平安)
3 中世は「小さな政府」の時代(平安~安土桃山)
4 国家による暴力の独占(戦国~江戸)
5 「国民国家」という新システム導入(江戸後期~明治)
6 「拡大」の季節と近代化(明治~昭和)
7 日本はいつ「終わる」のか(平成~未来)

第二部 テーマ史編
8 コメと農耕の日本史
9 神話と物語の日本史
10 土地と所有の日本史
11 家族と男女の日本史
12 未来と予測の日本史
13 戦争と平和の日本史
14 歴史語りの日本史

 

著者プロフィール

(c)seiji shibuya

(c)seiji shibuya

著者の古市憲寿(ふるいち・のりとし)さんは、1985(昭和60)年東京都生まれ。社会学者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。日本学術振興会「育志賞」受賞。

若者の生態を的確に描出した『絶望の国の幸福な若者たち』で注目され、メディアでも活躍。他の著書に『誰の味方でもありません』『平成くん、さようなら』など。

 

絶対に挫折しない日本史 (新潮新書)
古市 憲寿 (著)

大河ドラマや歴史小説は好きだけど、古代から現代までの日本の通史となるとちょっと自信がない……そんな人は少なくない。
覚える用語が多すぎるうえ、ヤマもオチもない歴史教科書に挫折してしまうのだ。
だが、思い切って固有名詞を減らしてしまい、流れを超俯瞰で捉えれば、日本史は、ここまでわかりやすくて面白くなる!
歴史学者ではない著者だからこそ書けた、全く新しい日本史入門。

【推薦のことば】
これは古市憲寿氏による日本版『サピエンス全史』だ。
歴史に関心を持つ全ての人に勧める。

大学入試、就職試験にも役に立つ。
是非手にとってほしい。
――佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です