本のページ

SINCE 1991

『週刊新潮』中吊り広告が見納め!最新号で五木寛之さん、北方謙三さん、古市憲寿さんによる特別エッセイを掲載

『週刊新潮』10月7日号(新潮社)

『週刊新潮』10月7日号(新潮社)

9月30日発売の『週刊新潮』10月7日号(新潮社)は、60年余り続いた中吊り広告が掲出される最後の号となります。

そこで、同号では、同誌で連載中の五木寛之さん、北方謙三さん、古市憲寿さんが「中吊り広告」に関する思いを込めた特別エッセイを寄稿。また、カラーグラビアでは過去に週刊新潮で掲出した中吊り広告を「『中吊り広告』のある風景」と題して一覧で特集しています。

 

『週刊新潮』の中吊り広告について

昭和31年(1956年)に創刊された『週刊新潮』の中吊り広告がいつから始まったのか、新潮社の社内に正確な記録は残っていません。

しかし、遅くとも昭和35年(1960年)には掲出されていることが確認できており、60年余りの間、電車の通勤、通学客にとって、車内の日常の風景として本誌の中吊り広告は存在し続けたことになります。

 
そんな中吊り広告ですが、昭和から平成、そして令和に至り、ライフスタイルの変化、スマートフォンの普及、ホーム上のキオスクなど駅構内の売店の減少などで、乗客らが電車内で広告を見て、すぐに雑誌を買うという購買効果が薄れてきました。

そこで同誌は9月末に中吊り広告を終了し、その原資を週刊新潮の誌面作りやデジタル戦略、本誌ニュースサイトである「デイリー新潮」への記事の供給を質量ともにより充実させるための取材増強などに活用していきます。

 

60年余り続いた「週刊新潮」中吊り広告が見納め! 五木寛之さん、北方謙三さん、古市憲寿さんによる特別エッセイを掲載!

『週刊新潮』10月7号は、その中吊り広告が掲出される最後の号となります。そこで、中吊り広告について思うことを、同誌連載陣である五木寛之さん、北方謙三さん、古市憲寿さんの三名が特別エッセイとして寄稿しています。

 
また、カラーグラビアのコーナーでは、「『中吊り広告』のある風景」と題し、過去、世間を大いに騒がせ、世の中を動かした同誌の中吊り広告を厳選し、一覧で掲載します。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です