本のページ

SINCE 1991

2021年7月16日、『ライ麦畑でつかまえて』は誕生70年!

(左)『キャッチャー・イン・ザ・ライ』と(右)『ライ麦畑でつかまえて』

(左)『キャッチャー・イン・ザ・ライ』と(右)『ライ麦畑でつかまえて』

全世界で6500万部、日本でも330万部を超えるベストセラー、J.D.サリンジャーの青春小説『ライ麦畑でつかまえて』『キャッチャー・イン・ザ・ライ』(以下『ライ麦畑』)が初めて本国アメリカで出版されてから、今年70年目を迎えます。

 

作品が出版されるまでの苦難

サリンジャーは1944年から第二次世界大戦に従軍、ノルマンディー上陸作戦に参加します。『ライ麦畑』は従軍中にも執筆が続けられましたが、サリンジャーは激しい戦闘とナチの残虐行為を目にしたショックから精神を病むことになります。

 
終戦後に完成した『ライ麦畑』は、当初予定した出版社からは「主人公がクレイジーだ」と拒否されましたが、1951年7月16日、ボストンのリトル・ブラウン社から出版にこぎつけました。

原書初版の装幀(ウィキペディアより)

原書初版の装幀(ウィキペディアより)

 

世界的なベストセラーへ

発売当初は毀誉褒貶の嵐に巻き込まれた『ライ麦畑』ですが、またたく間に売上を伸ばし、世界中で翻訳されるようになりました。

 
日本では1952年にダヴィド社より橋本福夫さん訳『危険な年齢』として最初に出版され、1964年からは白水社が野崎孝さん訳『ライ麦畑でつかまえて』を刊行。2003年の村上春樹さんによる新訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』は大きな話題になりました。

 

現在の日本でも読まれ継がれる、永遠の青春小説

2019年、新海誠監督の映画『天気の子』では、主人公の少年が『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を肌身離さず持ち歩くシーンが繰り返し登場します。

今夏公開された映画『漁港の肉子ちゃん』でも、主要人物である主人公の娘は『ライ麦畑でつかまえて』が愛読書。今なお、若者たちの心を捕らえるアイコンであり続けています。

 

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
J.D.サリンジャー (著), 野崎 孝 (翻訳)

インチキ野郎は大嫌い! おとなの儀礼的な処世術やまやかしに反発し、虚栄と悪の華に飾られた巨大な人工都市ニューヨークの街を、たったひとりでさまよいつづける16歳の少年の目に映じたものは何か? 病める高度文明社会への辛辣な批判を秘めて若い世代の共感を呼ぶ永遠のベストセラー。

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)
J.D. サリンジャー (著), J.D. Salinger (原著), 村上 春樹 (翻訳)

J.D.サリンジャーの不朽の青春文学『ライ麦畑でつかまえて』が、村上春樹の新しい訳を得て、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』として生まれ変わりました。ホールデン・コールフィールドが永遠に16歳でありつづけるのと同じように、この小説はあなたの中に、いつまでも留まることでしょう。雪が降るように、風がそよぐように、川が流れるように、ホールデン・コールフィールドは魂のひとつのありかとなって、時代を超え、世代を超え、この世界に存在しているのです。さあ、ホールデンの声に(もう一度)耳を澄ませてください。

 
【出版社からのコメント】
 「古典は口に苦い」。先輩や親や教師からどんなに薦められても、文章は読みづらいし、物語も当然のことながら今から見れば古くさい。そんなわけで、つい、最近出たミステリーや恋愛小説に走ってしまう。
 でも、ここに、50年も前に出たのに、読みにくいどころか実に生き生きとした快調なテンポで語られ、洒落ていて、ユーモアもたっぷり、しかも今の我々につよく訴えかけてくる、大げさに言えば読んだ人間の一生の友になるような本がある。これまで『ライ麦畑でつかまえて』(野崎孝訳)というタイトルで長いあいだに日本でも二百万人に近い読者に愛されてきたアメリカの青春小説だ。
 主人公のホールデンは有名高校の生徒で、作文だけは誰にも負けないが、あとの学科はからきしダメな16歳の少年。彼は自分の学校~~の先生たちや同級生や何もかもにうんざりしている。物語は彼が成績不良で退学になる直前の冬、自分から学校をおん出るところから始まる。ニューヨークの街をさまよいながら彼は昔の先生や友人やガールフレンドに再会していくが……
 さて21世紀に入って、この『ライ麦畑でつかまえて』が、作家村上春樹による新訳で新しい命を吹き込まれた。タイトルも原題どおり『キャッチャー・イン・ザ・ライ』。原作の圧倒的な魅力は以前と変わりはないが、この本を愛してやまない村上春樹の斬新な翻訳は新たな読者を生み出している。今回のペーパーバック版刊行を機会に、より多くの若者にこの素晴らしい「古典」の魅力を知ってほしい。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です