本のページ

SINCE 1991

島本理生さん直木賞受賞後長篇第1作『2020年の恋人たち』刊行記念オンライントークイベントを開催

島本理生さん著『2020年の恋人たち』

島本理生さん著『2020年の恋人たち』

中央公論新社は、 直木賞受賞作家・島本理生さんの約2年半ぶりとなる新刊『2020年の恋人たち』を刊行しました。同作の刊行を記念し、12月20日(日)にオンライン トークイベントを開催します。

 

『2020年の恋人たち』について

 
<あらすじ>

ワインバーを営んでいた母が、突然の事故死。落ち着く間もなく、店を継ぐかどうか、前原葵は選択を迫られる。

同棲しているのに会話がない恋人の港、母の店の常連客だった幸村、店を手伝ってもらうことになった松尾、試飲会で知り合った瀬名、そして……。

楽しいときもあった。助けられたことも。だけどもう、いらない。
めまぐるしく動く日常と関係性のなかで、葵が選んだものと選ばなかったもの――。

『Red』『ファーストラヴ』の著者が描く、女の煩悶と決断。『婦人公論』人気連載、待望の書籍化!

 

島本理生さん『2020年の恋人たち』刊行記念オンライントークショー 開催概要

『2020年の恋人たち』の刊行を記念したオンライントークショーが開催されます。島本理生さんが本作の魅力、裏話などを語ります。参加者から事前に寄せられた質問にも答えていく予定です。

※今回のイベントは「ネタバレあり」になります。イベントまでに『2020年の恋人たち』を読了することを推奨。

 
■開催日時:2020年12月20日(日) 11:00~

■聞き手:瀧井朝世さん

■参加費
◎イベントのみ:1,500円(税込1,650円)
◎イベント+対象書籍:2,500円(税込2,750円《イベント参加券900円(税込990円)+書籍1,600円(税込1,760円)》)

■チケット販売期間:2020年12月12日24:00まで
※本イベントはZoomウェビナーによるトークイベント形式です。
※参加者は視聴のみとなりますが、チャットなどでホストとやり取りすることができます。

★申込み方法など詳細:https://www.yurindo.co.jp/storeguide/69625?cat=event

 

出演者プロフィール

 
■島本理生(しまもと・りお)さん

(撮影:浅野 剛)

(撮影:浅野 剛)

1983年、東京生まれ。2001年『シルエット』で第44回群像新人文学賞優秀作、2003年『リトル・バイ・リトル』で第25回野間文芸新人賞、2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞、2018年『ファーストラヴ』で第159回直木賞を受賞。

主な著書に『ナラタージュ』『大きな熊が来る前に、おやすみ。』『あられもない祈り』『夏の裁断』『匿名者のためのスピカ』『イノセント』『あなたの愛人の名前は』『夜はおしまい』などがある。

 
■聞き手:瀧井朝世(たきい・あさよ)さん

ライター。出版社に勤務後フリーランスとなり、作家インタビューや書評を多く手掛けている。2009年~2013年にTBS系『王様のブランチ』ブックコーナーにコメンテーターとして出演、現在は同コーナーのブレーンを務める。

著書に『偏愛読書トライアングル』(新潮社)、『あの人とあの本の話』(小学館)、『ほんのよもやま話作家対談集』(文藝春秋)。監修に岩崎書店〈恋の絵本〉シリーズ(島本理生さんも本シリーズから『まっくろいたちのレストラン』を刊行)。

 

2020年の恋人たち
島本 理生 (著)

出会って別れて、また出会って―あと死ぬまでに何度繰り返すのだろう。ワインバーを営んでいた母が、突然の事故死。落ち着く間もなく、店を引き継ぐかどうか、前原葵は選択を迫られる。同棲しているのに会話がない恋人の港、母の店の常連客だった幸村、店を手伝ってもらうことになった松尾、試飲会で知り合った瀬名、そして…。めまぐるしく変化する日常と関係性のなかで、葵の心は揺れ動いていく―。

 
【関連】
12/20(日) 島本理生さんオンライントークショー | 新着 | 有隣堂
2020年の恋人たち|特設ページ|中央公論新社

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です