本のページ

SINCE 1991

「フライヤー」CEO・大賀康史さんが「ビジネス書グランプリ」歴代の受賞・入賞作品を徹底解説!『ビジネスエリート必読の名著15』刊行

大賀康史さん著『ビジネスエリート必読の名著15』

大賀康史さん著『ビジネスエリート必読の名著15』

書籍の要約文をアプリで配信する株式会社フライヤー(https://www.flierinc.com)の代表取締役CEO・大賀康史さんが、『ビジネスエリート必読の名著15』を自由国民社より刊行しました。

 

”ビジネス書のプロ”が「日本一に輝いたビジネス書」を徹底解説!

本書は、ビジネス書の日本一を決める「読者が選ぶビジネス書グランプリ」の歴代の受賞・入賞作品(2016~2020年度)を解説する指南書です。

 
紹介されている書籍は、2016年から始まった「読者が選ぶビジネス書グランプリ」の歴代受賞作品33冊と入賞書籍の中から、ニューノーマル時代にも活用できる知見の詰まった15冊を厳選。グランプリのこれまでの対象テーマである「自己啓発」「ビジネス実務」「政治経済」「イノベーション」「マネジメント」「リベラルアーツ」から3冊ずつを選び抜いています。

 
本書では、『FACTFULNESS』や『1分で話せ』『メモの魔力』『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』『ライフ・シフト』などの名著が名著たる理由を、「しびれる一文やその解説」「自分ならではの解を見つける閃きポイント」「これからの時代を生きる人へ」といった視点から、「本の全体像」とともに大賀さんが徹底解説しています。

解説では、フライヤーを起業する以前の、経営コンサルティング時代のノウハウも存分に活かします。

 
巻頭には、グロービス経営大学院教授で経営学者の嶋田毅(しまだ・つよし)さんと大賀さんの対談を掲載。「今こそビジネス書を読むべき意義」について、「ビジネスのプロ」と「ビジネス書のプロ」が説きます。

 
本書の要約も用意されており、フライヤーのアプリとサイト上でその要約文が11月22日(日)から無料公開されます。

★本書要約文:https://www.flierinc.com/summary/2451
※11月22日(日)配信

 

『ビジネスエリート必読の名著15』紹介書籍

 
【紹介書籍】 ※敬称略

◎天才を殺す凡人/北野唯我/日本経済新聞出版社

◎多動力/堀江貴文/幻冬舎

◎1分で話せ/伊藤羊一/SBクリエイティブ

◎メモの魔力/前田裕二/幻冬舎

◎学びを結果に変える アウトプット大全/樺沢紫苑/サンクチュアリ出版

◎the four GAFA 四騎士が創り変えた世界/スコット・ギャロウェイ、渡会圭子(訳)/東洋経済新報社

◎FACTFULNESS/ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド、上杉周作(訳)、関美和(訳)/日経BP

◎ライフ・シフト/リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット、池村千秋(訳)/東洋経済新報社

◎イーロン・マスク 未来を創る男/アシュリー・バンス、斎藤栄一郎(訳)/講談社

◎革命のファンファーレ 現代のお金と広告/西野亮廣/幻冬舎

◎売上を、減らそう。/中村朱美/ライツ社

◎ワーク・ルールズ!/ラズロ・ボック、鬼澤忍(訳)、矢羽野薫(訳)/東洋経済新報社

◎学校の「当たり前」をやめた。/工藤勇一/時事通信社

◎ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー/ブレイディみかこ/新潮社

◎ホモ・デウス 上・下/ユヴァル・ノア・ハラリ、柴田裕之(訳)/河出書房新社

 
<紹介書籍の著者らによる本書の推薦文>

◆伊藤羊一さん(『1分で話せ』著者)
「現代の書を知り尽くしているフライヤー大賀さんが選んだ「名著」だからこその価値。エッセンシャル本として、読んでない本は全部読む。」

◆北野唯我さん(『天才を殺す凡人』著者)
「毎年6,000冊出版されるビジネス書。そのトップを走る、読者が選んだ15選。まさにビジネスエリートの「今」を反映している本。」

◆中村朱美さん(『売上を、減らそう。』著者)
「15冊の本を濃縮還元し、良いところをギュっと絞ったこの本は、人生を変えるヒントが羨ましいほど詰まっていて濃厚です。」

 

著者プロフィール

著者の大賀康史(おおが・やすし)さんは、株式会社フライヤー 代表取締役CEO。

2003年、早稲田大学大学院(理工学研究科)修了後、コンサルティング会社のアクセンチュア(株)に入社。フロンティア・マネジメント(株)を経て、2013年に(株)フライヤーを設立。コンサル時代に構想した、ビジネス書の要約サービス「flier(フライヤー)」を立ち上げる。サービス内容は、ピッチコンテスト(スタートアップ企業が投資家らの前で事業のプレゼンテーションを競うコンテスト)で数多くの賞を受賞するなど注目を集めた。会員数は右肩上がりで増加、現在は65万人を突破(2020.9)。

趣味は読書。コンサル時代に必要に迫られビジネス書を読むように。忙しい傍ら、多いときは週に20冊を読むビジネス書好き。著書に『最高の組織──全員の才能を極大化する』(自由国民社)など。

 

ビジネスエリート必読の名著15
大賀 康史 (著), グロービス (監修)

複雑な現代社会を生き抜くために必要な名著15選!ビジネス書グランプリで選ばれた現代の名著を読めば、ビジネスの解がみつかる!

『FACTFULNESS』、『1分で話せ』、『メモの魔力』、『the four GAFA』、『LIFESHIFT』などのビジネスパーソンが読むべき15冊を徹底解説。

ビジネス書グランプリに選出された背景、本の全体像、自分ならではの解を見つける閃きポイント、しびれる一文と解説、これからの時代を生きる人へのメッセージ、のポイントを読めば名著が名著たる理由がよくわかる!そして、明日を強く生き抜くヒントが見つかる!

巻頭は、著者でフライヤーCEOの大賀康史さんとグロービス経営大学院や企業研修などで、マーケティングや経営戦略の講演を行う嶋田毅さんの対談です。ビジネス書を「今読むべき理由」がとてもわかりやすく述べられています。

 
<読者が選ぶビジネス書グランプリとは>
ビジネス書グランプリは、ビジネスパーソンが「今読むべき本」を選出するコンテストです。
その年に発売されたビジネス書のなかから読者(=ビジネスパーソン)が有意義だと感じたものを選んで投票し、最も票を集めたものが表彰されるという形式をとっています。

 
【関連】
ビジネス書グランプリ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です