本のページ

SINCE 1991

文学のまち尾道のブックイベント「小さな”本とおのみち”展」開催 今年はJR尾道駅とSNSが会場

文学のまち尾道のブックイベント「小さな"本とおのみち"展」開催

文学のまち尾道のブックイベント「小さな”本とおのみち”展」開催

文学の町・尾道で開催するブックイベント「本とおのみち」の小さいながらも新しい取り組みとして【小さな「本とおのみち」展】が11月18日よりJR尾道駅とSNSを会場にスタートしました。

 

「本とおのみち」について

志賀直哉や林芙美子など多くの文人墨客を魅了し、愛されてきた尾道。
そして、今日でも「おのみち文学の館」や「文学のこみち」などを目的に訪れる人や、個性的な本屋を目的に訪れるサブカルチャーなどが好きな若年層、尾道という土地に魅力を感じ集まるクリエイターや文化人など、幅広い世代が尾道に訪れます。

 
「本とおのみち」は、この文学や文化好きが集まる尾道で、尾道駅と尾道のまちを舞台に、中四国を中心とした書店が集い、本とまちを楽しむブックイベントです。

 
<本とおのみち運営事務局より>

当たり前だと思っていた日常が姿を消し、人が集まり、賑わいをつくるのがこんなに難しくなるなんて、あの日には想像さえできませんでした。

歩みを止めるのは簡単だけれど、今だからできること、今しかできないこともきっとあるはず。

尾道でまたきっと会えると信じて、本屋さんと、尾道のまちのお店の皆さんの協力のもと「小さな本とおのみち展」をひらきます。
集めたのは、あなたの旅のお供にぴったりの本。とっておきの一冊をここで見つけてください。

 

「小さな”本とおのみち”展」 開催概要

今年のイベント会場は、”本とおのみち”のSNSとJR尾道駅のブックラウンジ。そして、参加するのは、瀬戸内エリアの本屋さんと尾道の町の皆さん。

ここ尾道駅から旅に出発し、到着する。「駅と旅」をテーマにし、その旅の鞄に入れたい一冊をセレクトしています。

 
本屋さんは「尾道で読みたい本」を、尾道の町の皆さんは「旅先で読みたい本」をそれぞれ選び、紹介していきます。

 
<開催概要>

■開催日時:2020年11月18日(水)~11月30日 10:00~18:00

■会場:JR尾道駅2Fブックラウンジ、”本とおのみち”のSNS
[Facebook]@BookAndOnomichi:https://www.facebook.com/BookAndOnomichi/
[Instagram]@books_and_onomichi:https://www.instagram.com/books_and_onomichi/
[Twitter]@books_onomichi:https://twitter.com/books_onomichi

■企画・運営:本とおのみち運営事務局(TLB株式会社、あいだproject)

■参加者
<書店・出版>(順不同)
○尾道
紙片/古本屋 弐拾dB/啓文社/AIR zine 編集室
○広島
READAN DEAT/本と自由/nice nonsense books/bookscape/UNLEARN/羅秀夢
○岡山
451 BOOKS/Brisees/古本斑猫軒
○香川
book studio solow/YOMS
○鳥取
汽水空港
○愛媛
蛙軒/襟巻編集室
○東京
アカツキプレス

<尾道の町の皆さん>
ALL TIME CLASSICS by NINES/尾道市向島子ども図書館/ONOMICHI SHARE/尾道自由大学/尾道市立因島図書館/尾道市立瀬戸田図書館/尾道市立中央図書館/尾道市立みつぎ子ども図書館/ONOMICHI DENIM SHOP/活版カムパネルラ/クリの文具「Sima-sima」編集室/桂馬蒲鉾商店/香味喫茶ハライソ珈琲/ごはんと珈琲 アルト/私設図書館「さんさん舎」/浄泉寺/chocotoko/綴る。/Nuttsponchon/林原玉枝/古着屋Tastemaker/三阪商店/みらいのこども舎/民芸創作提灯 山さき

<尾道駅舎>
尾道駅長/セブン-イレブン ハートインJR尾道駅店/おのまる商店/食堂ミチ/ONOMICHI TOM’S SANDWICH
…and more!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
【関連】
本とおのみち | Facebook

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です