本のページ

SINCE 1991

集英社の文芸単行本公式サイト「集英社 文芸ステーション」がオープン

集英社の文芸単行本公式サイト「集英社 文芸ステーション」がオープン

集英社の文芸単行本公式サイト「集英社 文芸ステーション」がオープン

集英社は、同社の文芸単行本公式サイト「集英社 文芸ステーション」を9月24日にオープンしました。

 
同サイトは、2007年から運用してきた文芸Webサイト「RENZABURO」を大幅リニューアル、「集英社 文芸ステーション」として新たにスタートさせたものです。

作品と著者により深くフォーカスして、新刊の内容紹介、試し読み、インタビュー、書評、エッセイ、関連情報などを随時更新していきます。

オープニング・コンテンツとして、明治・大正を駆け抜けたアナキストで婦人解放運動家の伊藤野枝の、短くも鮮烈な生涯を描いた長編小説『風よ あらしよ』(9月25日発売)の著者・村山由佳さんのインタビューを掲載。

また、「RENZABURO」で掲載されていた、2021年1月のアニメ化も話題の「2.43 清陰高校男子バレー部 next 4years」(著:壁井ユカコさん)をはじめとする連載や、新刊案内コンテンツなどは、ひきつづき新サイトに掲載されます。

★「集英社 文芸ステーション」:https://www.bungei.shueisha.co.jp/

 

風よ あらしよ
村山 由佳 (著)

服従するな。立ち上がれ。

どんな恋愛小説もかなわない不滅の同志愛の物語。いま、蘇る伊藤野枝と大杉栄。震えがとまらない。
姜尚中さん(東京大学名誉教授)

ページが熱を帯びている。火照った肌の匂いがする。28年の生涯を疾走した伊藤野枝の、圧倒的な存在感。100年前の女たちの息遣いを、耳元に感じた。
小島慶子さん(エッセイスト)

時を超えて、伊藤野枝たちの情熱が昨日今日のことのように胸に迫り、これはむしろ未来の女たちに必要な物語だと思った。
島本理生さん(作家)

明治・大正を駆け抜けた、アナキストで婦人解放運動家の伊藤野枝。生涯で3人の男と〈結婚〉、7人の子を産み、関東大震災後に憲兵隊の甘粕正彦らの手により虐殺される――。その短くも熱情にあふれた人生が、野枝自身、そして2番目の夫でダダイストの辻潤、3番目の夫でかけがえのない同志・大杉栄、野枝を『青鞜』に招き入れた平塚らいてう、四角関係の果てに大杉を刺した神近市子らの眼差しを通して、鮮やかによみがえる。著者渾身の大作。

[主な登場人物]
伊藤野枝…婦人解放運動家。二十八年の生涯で三度〈結婚〉、七人の子を産む。
辻 潤…翻訳家。教師として野枝と出会い、恋愛関係に。
大杉 栄…アナキスト。妻と恋人がいながら野枝に強く惹かれていく。
平塚らいてう…野枝の手紙に心を動かされ『青鞜』に引き入れる。
神近市子…新聞記者。四角関係の果てに日蔭茶屋で大杉を刺す。
後藤新平…政治家。内務大臣、東京市長などを歴任。
甘粕正彦…憲兵大尉。関東大震災後、大杉・野枝らを捕縛。

2.43 清陰高校男子バレー部 1 (集英社文庫)
壁井 ユカコ (著)

東京の強豪中学バレー部でトラブルを起こした灰島公誓は、母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁と再会する。ほとんど活動も行われていないバレー部で、一人黙々と練習を始める灰島だが…。ずばぬけた身体能力を持つがヘタレな黒羽と、圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との軋轢を引き起こす問題児・灰島を中心に、田舎の弱小バレー部の闘いが始まる!純粋で真っ直ぐな青春小説、誕生。

 
【関連】
集英社 文芸ステーション

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です