本のページ

SINCE 1991

【第22回小野十三郎賞】今野和代さん『悪い兄さん』と永澤幸治さん『賑やかな消滅』、神山睦美さん『終わりなき漱石』が受賞

第22回小野十三郎賞が決定!

第22回小野十三郎賞が決定!

大阪文学協会は、優れた詩集および詩評論書に贈る「第22回小野十三郎賞」の受賞作を発表しました。

 

第22回小野十三郎賞が決定!

第22回小野十三郎賞は、9月25日にリモート会議で最終選考会が開催され、次の通り受賞作が決定しました。なお、今回は全国各地から詩集122冊、詩評論書16冊の応募がありました。

 
<第22回小野十三郎賞 受賞作品>

【詩集部門】

◎今野和代(こんの・かずよ)さん
『悪い兄さん』(思潮社)

◎永澤幸治(ながさわ・ゆきはる)さん
『賑やかな消滅』(私家版)

 
【詩評論書部門】

神山睦美(かみやま・むつみ)さん
『終わりなき漱石』(幻戯書房)

 
詩集部門を受賞した今野和代さんと永澤幸治にはそれぞれ賞金15万円(ダブル受賞のため)、詩評論書部門を受賞した神山睦美さんには賞金30万円が贈られます。

選考委員は、詩集部門が倉橋健一さん、小池昌代さん、坪内稔典さん、詩評論書部門は葉山郁生さん、細見和之さん、山田兼士さん。

 

小野十三郎賞について

小野十三郎賞(おのとおざぶろうしょう)は、1954年の大阪文学学校の創設から37年間にわたり、校長を務めた詩人の故・小野十三郎さん(1996年没)の多彩な詩業を記念し、全国の創造的な書き手たちを奨励することを目的に1999年に創設され文学賞です。大阪文学学校の運営母体である一般社団法人「大阪文学協会」が主催し、朝日新聞社が共催。

なお、前回から「詩集」「詩評論書」の2部門に分けて選考を行うこととなりました。

 

悪い兄さん
今野 和代 (著)

「綯い交ざった慈しみと怒り。願いと悔い。1冊の詩集がかかえる容量をはるかに超えて生え出てくる、沼からの手のようなドラマの詩集だ」(金時鐘)。 この世の闇を視よ、声を轟かせよ。11年ぶり、渾身の新詩集。装幀=中島浩、装画=木村タカヒロ

終わりなき漱石
神山 睦美 (著)

生成、深化、そして再帰へ。
著者がデビュー以来長年書き継いできた『夏目漱石論―序説』(1980)、『「それから」から「明暗」へ』(1982)、『夏目漱石は思想家である』(2007)、『漱石の俳句・漢詩』(2011)の四冊をベースに、新たに一貫したモティーフのもと読み直し、大幅改稿のうえ論じ直した、神山漱石論の現時点での集大成となる超大作。
小説のみならず、俳句・漢詩さらに『文学論』も含めた、夏目漱石の文学と思想――その全体像を読み解く試み。

 
【関連】
小野十三郎賞 | 詩と小説 大阪文学学校

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です