本のページ

SINCE 1991

直木賞作家・白石一文さん『一億円のさようなら』が文庫化&ドラマ化

白石一文さん著『一億円のさようなら』

白石一文さん著『一億円のさようなら』

徳間書店は、2018年に刊行された直木賞作家・白石一文さん『一億円のさようなら』を文庫化し、徳間文庫より刊行しました。

また、同作はNHK BSプレミアムでドラマ化され、9月27日(日)より放送される予定です。

 

あなたは人生リセットできますか? さまよえる大人たちに贈る極上の物語が文庫化

「ぼくは、この作品にまるまる2年間費やした。もうこれ以上おもしろい物語は書けないかもしれない」――白石一文さん

 
<あらすじ>

加能鉄平は妻・夏代の驚きの秘密を知る。
30年前、夏代は伯母の巨額遺産を相続、そしてそれは今日まで手つかずのまま銀行にあるというのだ。

その額、48億円。結婚して20年。なぜ妻はひた隠しにしていたのか。日常が静かに狂いだす。続々と明らかになる家族のヒミツ。爆発事故に端を発する化学メーカーの社内抗争…。

誰も信じられなくなった鉄平は、ひとつの決断をする。人生を取り戻すための大きな決断を。夫婦とは、家族とは、お金とは。困難な今を生きる大人たちに贈る、文句なしの最高娯楽小説。

 
【担当編集より】

「物語の思いもよらない展開に驚かされる一方、会社員として、家庭人として、身につまされもしました。大人のための極上娯楽小説。ぜひおすすめします」
――加地真紀男さん(文芸編集局局長)

「夫婦、男女、家族。ひとは複数の顔を持ち、さまざまな思いを胸に秘めている。ゆえに人生は複雑だ。白石一文はその複雑さを熱気と色気たっぷりに描き出した。絶え間ない、ハラハラドキドキ。これが小説です!」
――崔鎬吉さん(担当編集者)

 

著者プロフィール

著者の白石一文(しらいし・かずふみ)さんは、1958年、福岡県生まれ。早稲田大学卒業。2009年に『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』で山本周五郎賞、2010年に『ほかならぬ人へ』で直木賞を受賞。

『神秘』『愛なんて嘘』『ここは私たちのいない場所』など著書多数。

 

プレミアムドラマ『一億円のさようなら』概要

■放送:NHK BSプレミアムで9月27日(日)スタート(予定) 毎週日曜よる10時から(連続8回)

■出演:上川隆也さん、松村北斗さん(SixTONES)、森田望智さん、安田成美さん ほか

■原作:白石一文さん『一億円のさようなら』
■脚本:渡邉真子さん(『モンローが死んだ日』『恋はつづくよどこまでも』)
■脚本監修:岡田惠和さん(『ひよっこ』『少年寅次郎』『この世界の片隅に』)

 

 
【関連】
主演・上川隆也「一億円のさようなら」9月27日(日)スタート! | お知らせ | NHKドラマ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です