本のページ

SINCE 1991

【訃報】漫画家・ジョージ秋山さんが死去 『浮浪雲』『銭ゲバ』など

漫画家のジョージ秋山(本名:秋山勇二)さんが5月12日に死去しました。享年77歳。小学館の『ビッグコミックオリジナル』編集部が公式サイト(https://bigcomicbros.net/32185/)で発表。

 
ジョージ秋山さんは、1943年、東京都生まれ、栃木県足利市育ち。高校を中退し、書店勤務などを経て、1966年『別冊少年マガジン』(講談社)にて「ガイコツくん」でデビュー。

1968年『パットマンX』で講談社児童まんが賞を受賞。1970年『週刊少年サンデー』(小学館)で「銭ゲバ」、『週刊少年マガジン』で「アシュラ」の連載をスタート。

1973年から『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で、「浮浪雲」を連載。同作で1978年に小学館漫画賞を受賞。連載は2017年の最終回まで44年にわたり、1978年に渡哲也さん主演で、1990年にはビートたけしさん主演でテレビドラマ化、1982年に劇場アニメ化もされています。

 
他の作品に、『ザ・ムーン』『ばらの坂道』『花のよたろう』『デロリンマン』『ピンクのカーテン』『恋子の毎日』『國里小久璃子の性涯 』『シャカの息子』『ケネディ』『ブルースの錠』『武士道というは死ぬことと見つけたり』『聖書』など。

 

浮浪雲(はぐれぐも) (112) (ビッグコミックス)
ジョージ 秋山 (著)

連載44年、全1039話。堂々完結。

44年にわたり描かれてきた1039話の物語…
そして、その中に散りばめられた言葉に、一体どれだけの人間が揺り動かされてきたのだろうか?
漫画家・ジョージ秋山と主人公・浮浪雲の長い長い旅が終わる。
一日中、働き通しの母・かめさんの姿を見て、新之助とお花が感じたものは…『母様の日々』
浮浪雲と付き合いがあった女たちに取材する「よみうり屋」。彼女たちの<浮浪雲評>は…『さよなら』
突然、姿を消した浮浪雲。一体どこへ? 様々な憶測が飛び交うが…最終話『神隠し』他、全9編収録。

【編集担当からのおすすめ情報】
ジョージ秋山は、この巻に収録されている最終話「神隠し」で『浮浪雲』を完全に描ききりました。その生き方に、数多の人が憧れた主人公・浮浪雲の最後の姿を、その目に焼き付けてください。

銭ゲバ(1)
ジョージ秋山 (著)

人間の醜い部分を克明に描いた、ジョージ秋山の代表作!!

貧しさ故に病気の母を亡くした風太郎は、「金こそすべて」と、金のために生きることを決意。
大会社の社長のイスを手に入れた風 太郎だったが、そのために何人も殺し、恨みを買い、刑事につきまとわれる日々。
金があっても風太郎に平穏が訪れることはない――。人間の心の 闇を鋭く描く、ジョージ秋山の代表作!

アシュラ(1)
ジョージ秋山 (著)

なんで人間らしく生きなきゃならないんだギャァ……

生まれてこないほうがよかったのに。
飢餓という極限状態の世の中に生み落とされたアシュラ。
大きな社会問題となったジョージ秋山氏の名作が電子書籍で復活!
ジョージ秋山氏の魂のメッセージがここに!

恋子の毎日(1)
ジョージ秋山 (著)

ヤクザ稼業のサブと結婚した天真爛漫な恋子の日常を描いたジョージ秋山の代表作の一つ。 夫婦になって半年。兄貴が恋子のことを気に入り何かと…。「おめえが好きだから」、「サブちゃんが好きだから」 天才・ジョージ秋山が愛をこめて贈る人間喜劇!

 
【関連】
漫画家のジョージ秋山氏が逝去されました | ビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)|小学館
株式会社双葉社|【訃報】ジョージ秋山先生が逝去されました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です