本のページ

SINCE 1991

大佛次郎記念館で「誕生!鞍馬天狗 みんなのHEROができるまで」を開催 黒頭巾の剣客は、なぜHEROとなったのか?

大佛次郎記念館で「誕生!鞍馬天狗 みんなのHEROができるまで」を開催

大佛次郎記念館で「誕生!鞍馬天狗 みんなのHEROができるまで」を開催

横浜市芸術文化振興財団は、テーマ展示「誕生!鞍馬天狗 みんなのHEROができるまで」を大佛次郎記念館にて4月19日まで開催中です。

 

昭和を代表するヒーロー・鞍馬天狗の誕生の軌跡に迫る展示会が開催!

1924年(大正13)に作家・大佛次郎(おさらぎ・じろう/当時27歳)が生み出した、昭和を代表するヒーロー・鞍馬天狗は、幕末の京都や江戸を股にかける、明るく優しい凄腕の剣客です。

伊藤彦造による「角兵衛獅子 少年の為の鞍馬天狗」(昭和2年3月~昭和3年5月「少年倶楽部」)の挿絵

伊藤彦造による「角兵衛獅子 少年の為の鞍馬天狗」(昭和2年3月~昭和3年5月「少年倶楽部」)の挿絵

薩摩藩士西郷隆盛の密命、新選組近藤勇との決闘など、歴史上の人物・事件とフィクションが交差しながら進むストーリーに、大人も子どもも夢中になりました。原作は約40年間で47作が書かれ、63作もの映画が作られています。

1954 鞍馬天狗役の小堀明男と大佛次郎(右から2番目)

1954 鞍馬天狗役の小堀明男と大佛次郎(右から2番目)

映画の中で嵐寛寿郎(あらし・かんじゅうろう/通称:アラカン)さんが演じた鞍馬天狗は、黒い頭巾の剣の達人として、豪快な立ち回りが大人気を博しました。昭和初頭から戦後にかけて、一躍みんなのHEROとなります。平成まで多くの名優たちが鞍馬天狗を演じて、テレビドラマや漫画など多様なメディアに拡散しました。

 
本展では、第1作「鬼面の老女」(大正13年)から、杉作少年が登場し大ヒットした第11作「角兵衛獅子」(昭和2年)にスポットを当てます。

およそ100年前、若き大佛次郎はどうやって鞍馬天狗を創出したのか。そして、当初は腕の立つ勤王の志士にすぎなかった鞍馬天狗が、なぜ昭和を代表するHEROになったのか。作者のみならず編集者・挿絵画家・読者たちを巻き込みながらHEROへと変貌していく軌跡を追います。

 

「誕生!鞍馬天狗 みんなのHEROができるまで」開催概要

■会期:令和2年1月4日(土)~4月19日(日)

■開館時間
◎1-3月:10:00~17:00(入館は16:30まで)
◎4月:10:00~17:30(入館は17:00まで)

■休館日:月曜日(祝休日の場合は翌平日)

■料金:大人(高校生以上)200円(150円)、中学生以下 無料 ※( )内は20人以上の団体料金
※ 横浜市内在住の65歳以上の方は無料
※ 毎月23日「市民の読書の日」と、第2・第4土曜日は高校生無料
※ 障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

 
【関連】
テーマ展示Ⅲ「誕生!鞍馬天狗 みんなのHEROができるまで」 | 大佛次郎記念館

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です