本のページ

SINCE 1991

三浦瑠麗さん×乙武洋匡さん対談本『それでも、逃げない』刊行記念!ガチンコトークバトルを開催

乙武洋匡さん、三浦瑠麗さん

乙武洋匡さん、三浦瑠麗さん

文藝春秋は12月、作家の乙武洋匡さんと国際政治学者の三浦瑠麗さんの対談本『それでも、逃げない』(文春新書)を刊行しました。

本書の刊行を記念して、2020年1月28日(火)には、お二人によるトークライブが文藝春秋西館地下ホールで開催されます。

 

困難を乗り越え、炎上をおそれない二人の人生観に迫る!

本書『それでも、逃げない』は、スキャンダルにより多くのものを失った作家・乙武洋匡さんと、深い知識と洞察、ぶれない姿勢で国際政治学者として評価を高める三浦瑠麗さんによる、忖度なしのガチンコ対談集です。

 
乙武さんは三浦さんにその生い立ちや家族、孤独を訊ね、三浦さんは乙武さんにここ数年の挫折や、直面する数多くの困難について迫っていきます。

バックグラウンドこそ違いますが、炎上を恐れることなく発言を続け、世間の価値観を揺さぶりつづけるお二人の人生観は、生きづらさを抱える現代人にとって多くの示唆に富んでいます。

 
なお、本書の刊行を記念して、2020年1月28日(火)に、お二人によるトークライブが開催されることとなりました。テーマは「失敗、孤独、炎上、そして人生の意味について」。

いじめ、孤立、セクハラ、男女格差、同調圧力……生きていれば直面する困難を前に、人はどう生きればいいのか。失敗したとき、孤独になったとき、光をどこに見出せばいいのか。
…お二人それぞれの「人生論」を生で感じることがでえきる、絶好の機会となります。

 

【文春新書『それでも、逃げない』刊行記念 三浦瑠麗×乙武洋匡 トークイベント 「失敗、孤独、炎上、そして人生の意味について」】開催概要

■開催日時:2020年1月28日(火)19時~21時予定(18時30分開場)

■会場:文藝春秋西館地下ホール
◎住所: 東京都千代田区紀尾井町3-23
◎アクセス:東京メトロ有楽町線「麹町」駅から徒歩3分/東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅から徒歩8分/JR中央線・総武線、東京メトロ丸の内線・南北線「四ツ谷」駅から徒歩10分

■出演者:三浦瑠麗さん、乙武洋匡さん

■チケット:3,000円(税別・全席自由)
■発売場所
◎チケットぴあ:http://pia.jp/ <Pコード:644-666>
◎イープラス:https://eplus.jp/
◎ローソンチケット:https://l-tike.com/bunshun_talk/ <Lコード:34802>
◎文藝春秋digital:https://bungeishunju.com/n/n315588308268?creator_urlname=m_bungeishunju

■主催:文藝春秋

■備考:未就学児童入場不可

 

著者プロフィール

 
■三浦瑠麗(みうら・るり)さん

1980年神奈川県生まれ。国際政治学者。東京大学農学部卒業、東京大学大学院法学政治学研究科修了。東京大学政策ビジョン研究センター講師を経て、現在は山猫総合研究所代表。

著書に『日本に絶望している人のための政治入門』『あなたに伝えたい政治の話』(文春新書)、『21世紀の戦争と平和』(新潮社)、橋下徹さんとの共著『政治を選ぶ力』(文春新書)などがある。

 
■乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)さん

1976年東京都生まれ。作家。1998年、早稲田大学在学中に上梓した『五体不満足』が600万部のベストセラーとなる。
2000年大学卒業。その後、スポーツライター、小学校教員などを務める。

著書に『ただいま、日本』(扶桑社)、『自分を愛する力』『車輪の上』『四肢奮迅』(講談社)など多数。

 

それでも、逃げない (文春新書 1243)
三浦 瑠麗 (著), 乙武 洋匡 (著)

乙武洋匡が三浦瑠麗に、その生い立ち、家族、孤独を訊ね、三浦が乙武の不倫騒動、さまざまなチャレンジでぶつかった困難に迫る!
両者が聞き手と答え手となり、攻守を入れ替えながら、およそ一年にわたって続けた対話の記録です。
どんな質問にもすべて受け切る。
時には政治、社会を論じて、四方八方めった斬り、時には最もプライベートな領域にも踏み込む。
話題の二人が包み隠さず語る過激で優しい対話集。

 
【関連】
文春新書『それでも、逃げない』刊行記念 三浦瑠麗×乙武洋匡 スペシャルトークイベント開催決定 文藝春秋西館地下ホール 2020年1月28日(火) | ニュース – 文藝春秋BOOKS

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です