本のページ

SINCE 1991

『五体不満足』乙武洋匡さんがLGBTQ小説『ヒゲとナプキン』を刊行 「世間のフツー」を軽やかに問い直す!

乙武洋匡さん著『ヒゲとナプキン』(原案:杉山文野さん)

乙武洋匡さん著『ヒゲとナプキン』(原案:杉山文野さん)

600万部のベストセラー『五体不満足』で知られる乙武洋匡さんがメディアプラットフォーム「note」で連載していた小説が書籍化され、『ヒゲとナプキン』(原案:杉山文野さん)として小学館より刊行されました。

本書は、乙武洋匡さんの古くからの友人であるトランスジェンダー活動家の杉山文野さんをモデルとした小説です。装画は漫画家・いくえみ綾さんによる描き下ろし。

 

愛のカタチはそれぞれだ!

《僕たちは何を怖がり、何を守り生きているのか――改めて考えてほしいです》(りゅうちぇるさん)

 
女として育てられ、現在は男として生きるイツキ、28歳。勤務先の旅行会社には「過去」は告げていない。2歳上のパートナー女性、サトカはイツキを愛しつつも、出産への思いを募らせていく。職場、恋人、両親……。社会や家族と生身で向き合った先に、イツキは光を見出せるか――。

 
本作品は著者の乙武洋匡さんが、トランスジェンダー活動家の杉山文野さん(NPO法人「東京レインボープライド」共同代表理事)の協力を得て、ともに作り上げた小説です。

杉山さんは、乙武さんの古くからの知人であり、現在はLGBTQムーブメントの旗振り役でもあります。著者は、あとがきで杉山さんについてこう綴ります。

<< 長い時間をかけて、何度も話を聞かせてもらった。友人として知っていたつもりでいたことが、決してすべてではなかったことを思い知らされた。彼の苦悩は、友人にもそう簡単には吐露できないほど複雑で、深いものだった。だからこそ、この苦悩と、社会の仕組みの理不尽さを世間に伝えなければとの思いがより強くなった >>

600万部ベストセラー『五体不満足』で世間の「ふつう」を問い直した著者が、いま一番伝えたいLGBTQの物語。男とは、女とは、そして家族とはなんだろう……。読者の価値観を根底から揺るがすnoteの連載が、書籍化されました。

 

著者・乙武 洋匡さんのコメント

昨年、noteで連載していた小説『ヒゲとナプキン』が、10月に小学館から書籍化されることとなりました。これまで3冊の小説を手掛けてきましたが、いずれも書き下ろし。連載という初めてのチャレンジに不安も大きかったのですが、公開するたびに寄せられる読者のみなさんからの感想が、執筆していく上で何よりのモチベーションとなりました。

『ヒゲとナプキン』はトランスジェンダーの青年の葛藤と、家族を築くことへの苦悩と希望を描いた作品です。「家族とは何か」を考えるとともに、私たちが「ふつう」だと思っていることに疑問を投げかける作品になっています。note発のストーリーが一人でも多くの方に届くよう、応援お願いいたします。

 

著者プロフィール

著者の乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)さんは、1976年東京都生まれ。1998年、早稲田大学在学中に上梓した『五体不満足』は600万部のベストセラーに。

卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、教育に強い関心を抱き、新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を経て、2013年2月には東京都教育委員に就任。

教員時代の経験をもとに書いた初の小説『だいじょうぶ3組』は映画化され、自身も出演。続編小説『ありがとう3組』も刊行された。

おもな著書に『だから、僕は学校へ行く!』、『オトことば。』、『オトタケ先生の3つの授業』『自分を愛する力』『車輪の上』『ただいま、日本』など。

noteにて定期購読マガジン「乙武洋匡の七転び八起き」を配信中。

★note:https://note.com/h_ototake
★Twitter(@h_ototake):https://twitter.com/h_ototake
★YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCdclFGt02DO2DfjM_KCtT8w

 

ヒゲとナプキン
杉山 文野 乙武 洋匡 (著)

 
【関連】
連載小説『ヒゲとナプキン』|乙武 洋匡|note

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です