本のページ

SINCE 1991

本で心に豊かな森を作ろう!「こどものための100冊」キャンペーンが全国の書店・図書館でスタート!

「こどものための100冊」キャンペーンが全国の書店・図書館でスタート!

「こどものための100冊」キャンペーンが全国の書店・図書館でスタート!

メディア業界の専門紙「文化通信」を発行している文化通信社が企画・主催する「こどものための100冊」キャンペーンが6月20日より全国の書店・図書館で開催中です。

 

本で心にゆたかな森をつくろう!

昨今の生活環境の変化やSNSの普及、ゲーム時間の拡大により、こどもが活字に触れる機会が減少し、国語力が著しく低下していることが、様々な統計により指摘されています。

また専門家によると、特に人格形成期の大事な時期である9歳までに読解力を身につけ、考える力や表現する能力を養うことが重要であるともいわれています。

 
そこで、
「子どもたちの未来のために、よい本に触れるきっかけをつくりたい」
そして本に触れることにより、「心にゆたかな森を作ってほしい」
との願いを込めて、「こどものための100冊」2021キャンペーンを6月20日より全国の書店・図書館でスタートしました。

 
明治大学・齋藤孝教授も、「活字は子供の成長にとって大変重要であり、活字を読むことにより頭の働きが変わってくるだけでなく情操面も育つ」「就学前の絵本は想像力を育て、他人の気持ちを思いやることができるようになる」とコメント。こどものころに活字に触れることが、いかに重要かがわかります。

 

「こどものための100冊」カタログ

今回の企画では、現在育児中のパパママ著名人15名(※)と、本のプロである書店員、図書館員10名に、それぞれ「こどもに読ませたい、読んでほしい本」を4冊、計100冊を選んでもらい、コメントと一緒に「こどものための100冊」カタログにまとめています。

 
カタログには選者の皆さんが実際にお子さんと読んでいる絵本や、ご本人が子供のころ読んでもらった本など、心温まるエピソードと共に紹介されています。

 
カタログを読むと、皆さんがお子さんと絵本や本を通して、こころの交流を行っている様子が目に浮かびます。そして齋藤孝さんの言葉通り、ご自身も絵本や本によって、人生を決めたり、大きな影響を受けられていることがよく分かります。

 
またカタログでは著名人の方たちからのメッセージや、トムズボックス土井章文さんによるコラムなど、読み物としても十分楽しめるような工夫が凝らされています。

 
<※選書に協力したパパママ著名人の皆さん(敬称略/五十音順)

秋元さくら(シェフ)・石田明(NON STYLE)・内田恭子(フリーアナウンサー)・岡崎裕子(陶芸家)・尾上菊之助(歌舞伎俳優)・工藤紀子(小児科医)・小山進(パティシエ)・斎藤紫(野菜ソムリエ)・友利新(女医)・福井正一(フジッコ社長)・細川直美(女優)・三浦瑠麗(国際政治学者)・山本侑貴子(食空間プロデューサー)・横川正紀(ディーンアンドデルーカ代表)・和田明日香(料理研究家)

 
皆さんいずれも実際に育児をされている方々であり、お子さんとの日常を発信されています。またご自身の経験から、育児に頑張っているお母さんたちに向けてのメッセージも、カタログに掲載されます。

齋藤孝・明治大学教授コラム

齋藤孝・明治大学教授コラム

カタログ内面

カタログ内面

土井章文さんコラム

土井章文さんコラム

 

「こどものための100冊」カタログは図書館や、保育園児約4万人や小児科医院、店舗などで配布

キャンペーン期間中、全国の参加書店ではカタログの配布(各店のルールによる)と掲載図書を集めたフェア展開が行われます。さらに一部図書館でもカタログに掲載されている書籍を集めたコーナーが作られます。

 
また今回初の試みとして、主要保育園4社の賛同を得て、保育園に通われている園児のいる家庭約4万世帯にカタログを配布されるほか、小児科医院や産科医院、幼稚園など小さな子どもが集まる場所でも配布を予定しています。

 
「こどものための100冊」カタログがより多く子育て中のパパ・ママに届くことにより、本を小さいころから読む大切さ、本を読むことによって育つ感受性の素晴らしさを改めて認識して頂ければと願っています。

 
また、こどもたちに親しんでもらえるよう、このキャンペーンでは「モーリーくん」というキャラクターが大活躍します。「モーリーくん」は愉快な友だち、楽しい冒険がいっぱいの本の森に住んでいます。

モーリーくん

モーリーくん

カタログはもちろんのこと、書店や図書館でのフェアを彩る、ポスターやPOPなど、あらゆるところに「モーリーくん」を見つけることができます。

 
「こどものための100冊」キャンペーンのデザインは、イラストレーター・絵本作家でもあり、1995年からNHK教育テレビ(Eテレ)で『ハッチポッチステーション』『クインテット』『フックブックロー』『コレナンデ商会』のアートディレクションを25年以上にわたり手がける、藤枝リュウジさんによるものです。

何ともいえないユーモラスで可愛い「モーリーくん」がキャンペーンを盛り上げてくれます。

★「こどものための100冊」キャンペーンHP:https://www.kidsbooks.jp/
★Facebook:https://www.facebook.com/kidsbooks100
★Twitter:https://twitter.com/kidsbooks100/
★Instagram:https://www.instagram.com/kidsbooks100_2021/

 
【関連】
こどものための100冊

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です