本のページ

SINCE 1991

森絵都さん『カザアナ』刊行記念!関西“初”の書店サイン会を開催

森絵都さん『カザアナ』刊行記念!関西“初”の書店サイン会を開催

森絵都さん『カザアナ』刊行記念!関西“初”の書店サイン会を開催

作家・森絵都さんの最新長編『カザアナ』の刊行を記念して、森さんのサイン会が紀伊國屋書店梅田本店で行われます。

7月に森絵都さんの30年近い作家生活で、初めての書店でのサイン会が東京で開催されましたが、今回は関西地方で初となる書店サイン会となります。

 

「『カザアナ』刊行記念 森絵都さんサイン会」 開催概要

■開催日時:2019年8月17日(土) 14:00~

■会場: 紀伊國屋書店梅田本店 2番カウンター奥特設会場

■参加方法:紀伊國屋書店梅田本店にて、『カザアナ』(朝日新聞出版)を購入した先着100名に整理券を配布します。

★予約方法&イベントの詳細:https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Umeda-Main-Store/20190731100000.html

 

森 絵都さん著『カザアナ』について

<あらすじ>

国力は低下の一途をたどり、監視ドローンが飛び交い閉息感が増すばかりの少し先のニッポン。この社会で負けじとタフに生きる女子中学生 里宇(りう)と、母&弟の入谷ファミリーは、石や虫などの自然と心を通わせられる不思議な力を持つ“カザアナ”の末裔と出会う。

入谷家&カザアナたちは、不登校中の長男・早久(さく)を皮切りに様子の妙なクラスメイトや職責に悩む市役所員など、かかわった人たちをほんの少し笑顔にしていく。やがて一同は謎のゲリラ組織ヌートリアと相見え、騒動はやがて国を越え――。

作家生活30年目の想像力が大爆発。時空を越えて広がる圧倒の物語世界は、読むほどに勇気があふれ笑顔がこぼれます。純度100%のエンターテインメント小説にして、令和時代のハッピーなおとぎ話。

 

森絵都さん プロフィール

著者の森絵都(もり・えと)さんは、1968年生まれ。東京都出身。早稲田大学卒業。1990年「リズム」で講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。

1995年『宇宙のみなしご』で野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞、1998年『アーモンド入りチョコレートのワルツ』で路傍の石文学賞、『つきのふね』で野間児童文芸賞、1999年『カラフル』で産経児童出版文化賞、2003年『DIVE!!』で小学館児童出版文化賞、2006年『風に舞いあがるビニールシート』で直木賞、2017年『みかづき』で中央公論文芸賞を受賞、本屋大賞2位。

著書に『永遠の出口』『いつかパラソルの下で』『ラン』『この女』『漁師の愛人』『クラスメイツ』『出会いなおし』など多数。

 

カザアナ
森 絵都 (著)

国の規制が増し監視ドローン飛び交う息苦しい社会で、負けじとタフに生きる母・姉・弟の入谷ファミリー。
一家は不思議な力を持つ”カザアナ”と出会い、人々を笑顔にするささやかな奇跡を起こしていく。
読めば心のびやか、興奮とサプライズに満ちた、心弾むエンターテインメント!

 
【関連】
【梅田本店】『カザアナ』刊行記念 森 絵都さんサイン会 開催! 2019年8月17日(土) | 本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です