本のページ

SINCE 1991

会員35万人突破!ビジネス書要約「フライヤー」がテレビCMを初放映 1700冊の要約読み放題プラン無料体験キャンペーンも

ビジネス書籍サービス「flier(フライヤー)」が岡本玲さんを起用したテレビCMを放映

ビジネス書籍サービス「flier(フライヤー)」が岡本玲さんを起用したテレビCMを放映

ビジネス書籍の要約サイト・アプリを運営する株式会社フライヤーは、女優で、読書好きとしても知られる岡本玲さんを起用したテレビコマーシャル(15秒)を、5月20日から関東地区で放映開始しました。同社がテレビCMを打つのは、今回が初めて。

また、CMの放映を記念し、計1700冊(2019年4月現在)の書籍の要約文が全て読み放題の「ゴールドプラン」を30日間無料で体験できるキャンペーンも実施します。

 

読書好きの岡本玲さんを起用したテレビCMを放映開始! “インプット最速アプリ”を多忙なビジネスパーソンに訴求

CMでは、電車の中でビジネス書を読む岡本玲さんが、突然、「ねぇ、インプットやめたら、負けちゃうよ?」と、視聴者に投げかけます。“ビジネス書からのインプットの大切さ”を、忙しい現代ビジネスパーソンに対して、ストレートに伝えます。

ビジネス書を読む岡本玲さん、突然カメラ目線になり…

ビジネス書を読む岡本玲さん、突然カメラ目線になり…

「ねぇ、インプットやめたら、負けちゃうよ?」

「ねぇ、インプットやめたら、負けちゃうよ?」

最後に、書籍要約サービス「flier(フライヤー)」を、“インプット最速アプリ”というキャッチーなワードでまとめ、わずか10分でビジネス書1冊の大筋を理解できることを紹介します。シンプルな構成で、分かりやすく、その魅力を伝えます。

見どころは、見る人をハッとさせ、気付きを誘う、岡本さんの絶妙の表情です。訴えかけるような、切なさを感じさせる眼差しで、視聴者のインプット欲(読書欲)を掻き立てます。

 
今回、「フライヤー」のイメージキャラクターとして、好感度・認知度も高く、表現力が豊かな岡本玲さんを起用。岡本さん自身にも、同社アプリを実際に試してもらったそうで、「撮影現場に向かう電車の中や待ち時間にさくっと気軽に読めて、とても便利です。気になってたけど今は1冊読む余裕がないかもと諦めていた本も、フライヤーで要約を読んで、やっぱり全部読みたい!と購入したこともあります。読書好きな方にも普段あまり本を読まれない方にも、すごくおすすめです!」とコメントを寄せています。

 
現在、書籍要約サービス「flier(フライヤー)」は、サービス開始(2013.10)から会員数は右肩上がりで増えており、2019年4月には35万人を突破。2018年は前年比2倍増となる、急成長を遂げています。今後は今回のCMなどを通して、来年2020年までに、会員数を50万人まで引き上げる計画です。

 

ウエブCMはちょっぴりコミカル!岡本玲さんが、猛烈な勢いでビジネス書を速読

ウエブ限定CM(15秒)も、テレビCM開始と同日の5月20日から公開されています。

岡本さんが電車の中で、周りの乗客から奇妙な目で見られるほどの猛烈な勢いで、ビジネス書を速読。まばたき無しで素早くページをめくり続ける迫真の演技で、コミカルさを演出します。

そしてこんな読み方をしなくても、フライヤーを使えば本の内容を手軽に吸収できることをアピールします。

 

岡本玲さん プロフィール

岡本玲(おかもと・れい)さんは、1991年6月18日生まれ。和歌山県出身。女優。

2003年「第7回ニコラモデルオーディション」でグランプリを受賞し、芸能界デビュー。以降、NHK 連続テレビ小説『純と愛』、『わろてんか』などに出演。

 

1700冊の要約読み放題プラン(月2000円)、無料体験キャンペーンを実施!

新CMの放映を記念し、5月20日(月)~6月30日(日)の期間中に会員登録をした方を対象に、計1700冊(2019年4月)の書籍の要約文が全て読み放題の「ゴールドプラン」(月額税抜2000円)を、30日間無料で体験できるキャンペーンが実施されます。

 
■内容:要約読み放題「ゴールドプラン」(月額2000円・税抜)の30日間無料体験キャンペーン

■申込み期間:2019年5月20日(月)~6月30日(日) ※無料期間中でも、いつでも解約可

■申込み方法:特設サイト(https://www.flierinc.com/welcome/16bc0e75343302ef3a89a496147f88cc)より申し込み
※「フライヤー」のサービスを初めて利用する方であれば、どなたでも申込みできます

 

フライヤーについて

株式会社フライヤーは、ビジネス書籍の要約文章をアプリやサイトで手軽に閲覧できる「flier(フライヤー)」を運営する、ITベンチャー(2013年6月設立)です。

「読む時間がなかなかとれないが、話題のビジネス書の大筋は理解しておきたい」「本が多すぎてどれを読めばいいのか分からない」。そんな忙しい現代のビジネスパーソンの悩みを解決すべく、新刊や話題のベストセラー、名著のビジネス書の要約を提供するサービスを展開しています。

 
最大の特長は「書評(レビュー)」ではなく「要約」である点です。書き手の主観が入る書評とは異なり、著者の主張や論理(重要ポイントや全体像)を忠実にまとめ、読者に伝えます。書評でないため、出版社と著者から要約の許可を得る必要があります。両者には要約した記事そのものの確認もお願いしており、高品質なサービスを提供しています。

要約の文字量は4000字ほどで、通常は読破するのに4~8時間かかる1冊のビジネス書を、わずか10分程度で読めるよう工夫されています。

要約記事は自社の編集部員に加えて、経験豊富な外部ライター約20人(数々のヒット作を手掛けたライターや、出版社の元編集者、新聞記者、書店員、経営コンサルタント、歴史研究家など)が、分かりやすくまとめます。

「フライヤー」には、新刊(9割)を中心に、毎日1冊の要約文がアップされています、現在は計1700冊分(2019年4月)が掲載されており、17種のカテゴリやキーワード検索から、自分に合った本を探せます。

 
出版社と著者から、「要約は、書籍の話題づくりや購買につながる」と、高い評価を得ています。例えば、2015年に大ベストセラーとなったトマ・ピケティさんの『21世紀の資本』は、日本語版発売の2週間前に「フライヤー」で要約を公開。本サービスを通じて書籍を知った方も多く、“ピケティブーム”に一役買いました。

利用者は、通勤時や休憩時間といったすきま時間を有効活用し、効率よくビジネスのヒントやスキル、教養を身につけたいビジネスパーソンのほか、社員教育の一環として法人契約する企業も増えています。会員数は、2013年10月のサービス開始から右肩上がりで、2019年4月には35万人を突破。前年の2倍増と、昨今、急成長を遂げています。

★URL:https://www.flierinc.com/

 
【関連】
本の要約アプリflier_2019CM「インプットやめたら、負けちゃうよ?」篇 – YouTube
本の要約アプリflier_2019CM「こんな読み方しなくても」篇 – YouTube
30日間無料体験キャンペーン|本の要約サイト flier(フライヤー)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です