本のページ

SINCE 1991

【訃報】漫画家・荻野真さんが死去 『孔雀王』など

『孔雀王』で知られる漫画家の荻野真(おぎの・まこと)さんが4月29日に腎不全のため死去しました。59歳。岐阜県出身。葬儀は近親者で執り行われました。5月10日、週刊ヤングジャンプ編集部が発表しました。

 

荻野真さん著『孔雀王』

荻野真さん著『孔雀王』

荻野真さんは、1959年生まれ。名古屋大学理学部中退。1985年『週刊ヤングジャンプ』に連載された「孔雀王」でデビュー。で集英社青年漫画大賞受賞その後、同誌で「ALGO!」「孔雀王 退魔聖伝」「夜叉鴉」「小類人(ちゃいるど)」「拳銃神」「孔雀王 曲神紀」などを発表。

代表作『孔雀王』は、1988年にアニメ化され、1988年には三上博史さん主演で映画化、1990年には阿部寛さん主演で続編『孔雀王アシュラ伝説』も製作されました。

 
現在、小学館『月刊!スピリッツ』で連載中の『孔雀王ライジング』と、リイド社『コミック乱』で連載中の『孔雀王~戦国転生~』の最終回の原稿はどちらに完成しており、ともに6月27日発売の各8月号に掲載される予定です。

 

孔雀王 第1巻
荻野 真 (著)

一切の諸悪を滅ぼす力と、美しい慈愛の相を持つと言われる孔雀王の名を継ぐ、若き阿闍梨(あじゃり)・孔雀が、この世の理から外れた鬼・怪(あやかし)・憑き物を断つ!! テレビ局で鬼が現れる事件が発生!
憑き物落としに駆けつけた孔雀が見たのは、視聴率のために追い詰められた弱者の、底しれない恨みだった……。神の力を顕現させ、神話の世界にまで足を踏み入れる、孔雀の活躍を描く超伝奇アクションの傑作が登場!

夜叉鴉 巻之一
荻野 真 (著)

この世の生者に害をなす荒魂を狩りだし、死の国である常世(とこよ)に送る夜叉鴉の活躍を描いたアクションファンタジー! 強い怒りや悲しみ、怨みを持つ死者の魂が放置されて現世に留まれば、それはこの世に害をなす恐ろしい荒魂と化す。熊野真宮の宮司を務めるノーテンキな青年・那智武流(なち・たける)は、八咫鏡が鳴り響く時、邪悪な荒魂を狩り出す熊野闇検校・夜叉鴉になって天空を舞う!!

 
【関連】
訃報/読者の皆様へ|週刊ヤングジャンプ公式サイト
『孔雀王ライジング』荻野 真先生が逝去されました | ビッグコミックBROS.NET(ビッグコミックブロス)|小学館
株式会社リイド社 ≫ 【訃報】読者の皆様へ
荻野真公式HP「孔雀の実家」

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です