本のページ

SINCE 1991

第6回「わたし遺産」結果発表 過去最多となる全11,449作品の中から「人・モノ・コト」との大切なつながりを綴った3名が大賞を受賞

第6回「わたし遺産」結果発表

第6回「わたし遺産」結果発表

三井住友信託銀行は、第6回目を迎えた「わたし遺産」の「大賞」3作品、「準大賞」20作品、新設「心のふるさと賞」1作品(準大賞作品とのW受賞)、「学校賞」3校を発表しました。

2013年にスタートした「わたし遺産」は、一人一人の心にある、その人ならではの大切な「人・モノ・コト」について、その理由やエピソードを400文字の文章にし、未来に残し伝える企画です。第6回では、過去最多の11,449作品が寄せられました。

 

第6回「わたし遺産」 募集概要

■募集内容
未来に伝えのこしたいと思う大切な「人・モノ・コト」。
その理由やエピソードを400文字で表現。

■応募期間:2018年12月1日(土)~2019年2月15日(金)

■表彰
◎「わたし遺産」大賞:3名
◎「わたし遺産」準大賞:20名
◎「わたし遺産」心のふるさと賞:1名 ※大賞ないし準大賞の受賞者が選定対象者
◎「わたし遺産」学校賞:3校

■選定委員:栗田亘さん(コラムニスト)、穂村弘さん(歌人)、大平一枝さん(ライター)

■主催:三井住友信託銀行

 

第6回「わたし遺産」 受賞作品

※敬称略・受賞者の年齢等は応募時点のものです。

 
■「わたし遺産」大賞:3作品

「バレンタイン地蔵」木﨑俊造(大分県65歳)
「『あ』じゃなく『お』」小松愛子(神奈川県58歳)
「平和の象徴」島袋美加子(東京都 39歳)

画像左から、バレンタイン地蔵、『あ』じゃなく『お』、平和の象徴

画像左から、バレンタイン地蔵、『あ』じゃなく『お』、平和の象徴

 
■「わたし遺産」準大賞:20作品

「心は磨ける」大下悦子(山口県66歳)
「45年後に出会うために」阪本昌代(群馬県58歳)
「同僚からの賞状」菊池さとよし(青森県75歳)
「息子の補聴器ブラ」東久仁子(奈良県55歳)
「生きてさえいれば」松田帛子(東京都96歳)
「糸からの想い」有賀陽子(埼玉県72歳)
「鹿児島の旅館」大西賢(東京都46歳)
「短い鉛筆」新川慶明(宮崎県39歳)
「父と母の茶碗」浅井恵里(神奈川県51歳)
「時代が変わろうとも!」小村一左美(兵庫県66歳)
「母娘の歩き方」武部めぐみ(千葉県48歳)
「毛糸のソックスの温かさ 足から心へ」宮地節子(神奈川県67歳)
「変えないスマホの待受画像」小澤修一(愛知県41歳)
「家族の『幸せな時間』を表す帽子」三橋勉(千葉県53歳)
「居場所があるということ」山本彩佳(神奈川県15歳)
「10人のペン」樋泉春華(山梨県17歳)
「おじいちゃんの郵便受け」河野真優(広島県18歳)
「『ただいま』が響く場所」川添さとみ(福岡県56歳)
「磯部さんちのファミリーカルタ」磯部司郎(神奈川県74歳)
「おじいちゃんのリアカー」河野いづみ(大阪府58歳)

 
■「わたし遺産」心のふるさと賞:1作品

「おじいちゃんのリアカー」河野いづみ(大阪府58歳)
《 準大賞とのW受賞 》

 
■「わたし遺産」学校賞:3校

宮城県仙台二華中学校(宮城県)
高田中・高等学校(三重県)
東京学芸大学附属竹早中学校(東京都)

 
<各選定委員コメント>

◎「肩に力の入っていない、自然体の題材・文章が増えた。とともに、内容のグレードも上がった。」(栗田亘さん/コラムニスト)
◎「『わたし遺産』同士は緩やかに繋がって、やがて大きな『わたしたち遺産』になるのかもしれない。」(穂村弘さん/歌人)
◎「前年にも増し、全体に文章の精度が上がり、レベルの高い作品が集まった。」(大平一枝さん/ライター)

 
※なお受賞作品は、「わたし遺産」特設サイト(https://www.smtb.jp/personal/watashi-isan/)に掲載されています。

 
【関連】
「わたし遺産」|三井住友信託銀行

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です