本のページ

SINCE 1991

【訃報】俳人・大牧広さんが死去 今年3月に蛇笏賞を受賞

俳人の大牧広(おおまき・ひろし)さんが4月20日、膵臓がんのため千葉市内の病院で死去しました。88歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませました。喪主は妻の昌美さん。お別れの会は5月18日午後1時から東京都大田区大森北1の6の16の大森東急REIホテルで。

 
大牧広さんは、1931年生まれ。1965年「馬酔木」「鶴」に入会。1970年「沖」に入会し、能村登四郎さん、林翔さんに師事。1989年「港」を創刊し、主宰。

2009年に現代俳句協会賞、2015年に第30回詩歌文学館賞、与謝蕪村賞、句集『正眼』で俳句四季特別賞、2016年に山本健吉賞、2018年にエッセイ集『俳句・その地平』で文學の森特別賞を受賞。現代俳句協会名誉会員、国際俳句交流協会会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会会員。

なお、今年3月には句集『朝の森』で蛇笏賞を受賞しており、6月に贈呈式が行われる予定となっていました。

 
句集に『父寂び』『某日』『午後』『昭和一桁』『風の突堤』『冬の駅』『大森海岸』『地平』など。その他の著書に『能村登四郎の世界』『いのちうれしき』『俳句の味方』など。

 

朝の森
大牧 広 (著)

◆第十句集
敗戦の年に案山子は立つてゐたか

戦争体験の一証言者として老境に安んじることなく反骨魂をもって俳諧に生きる著者の渾身の新句集。

◆自選十五句より
鳥雲にヒトはめげずに希望抱く
夏草と引込線の睦みゐて
見下しても見下しても蟻穴に入る
父とつくりし防空壕よ八月よ
芒山一本づつが傷だらけ
戦中や兵擲たれゐし芒原
地下街に売られし芒自暴自棄
遠くなる老のまなざし白甚平
軍神の生家朽ちゐて草いきれ
達観は嘘だと思ふ新生姜

いのちうれしき―ようこそ、高齢者のための俳句へ
大牧 広 (著)

肩肘張らない悩まない毎日。75歳からの俳句ライフは、本書を開くことから始まります。高齢者のための俳句鑑賞・作句心得。24の俳句的処方箋を収録。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です