本のページ

SINCE 1991

「漫画界のレジェンド 松本零士展」が豊橋市美術博物館で開催 巨匠・松本零士さんの60年を超える創作の歩みを紹介

「漫画界のレジェンド 松本零士展」が豊橋市美術博物館で開催 巨匠・松本零士さんの60年を超える創作の歩みを紹介 ▲「銀河鉄道999」(c)松本零士

「漫画界のレジェンド 松本零士展」が豊橋市美術博物館で開催 巨匠・松本零士さんの60年を超える創作の歩みを紹介 ▲「銀河鉄道999」(c)松本零士

豊橋市美術博物館では、10月22日まで「漫画界のレジェンド 松本零士展」を開催しています。

『銀河鉄道999』や『宇宙戦艦ヤマト』などの名作を生んだ漫画・アニメ界の巨匠・松本零士さんの60年を超える創作の歩みを、漫画原稿やアニメのセル画、立体模型などを通して紹介しています。

 

直筆の漫画原稿やアニメのセル画、立体模型などを通し60年以上にわたる創作の歩みを紹介

松本零士さんは宇宙を舞台にしたSF作品を数多く手掛け、私たちに夢とロマンを与え続けています。
15歳で漫画家としてデビューし、1971年から『少年マガジン』に連載した『男おいどん』が人気作となり、その後『宇宙戦艦ヤマト』や『銀河鉄道999』などの名作を次々と発表し、1970年代半ばから80年代にかけてアニメブームを巻き起こしました。
また『宇宙海賊キャプテンハーロック』はフランスやイタリアでも放映され、人気を集めています。

この展覧会では、直筆の漫画原稿やアニメのセル画、立体模型などを通し60年以上にわたる創作の歩みを紹介しながら、松本零士さんの世界観に迫ります。

 
9月2日に行われた開場式には松本零士さんが来場し、「絵は心で描くもの。戦中、戦後と様々な時代に巡り合い、多くの体験をしながら作家になっていった。これからも頑張って描き続けていきたい。」と話し、当日行われたトークショーやサイン会には全国から多くのファンが詰めかけました。

開場式には松本零士さんも列席

開場式には松本零士さんも列席

内覧会で自ら説明をする松本零士さん

内覧会で自ら説明をする松本零士さん

 

「漫画界のレジェンド 松本零士展」 概要

●会期:平成29年9月2日(土)~10月22日(日)

●会場:豊橋市美術博物館(愛知県豊橋市今橋町3-1)

●休館日:月曜日(9月18日、10月9日は開館)、10月10日(火曜日)

●観覧料:一般・大学生=1,000円、小・中学生・高校生=400円

★豊橋市美術博物館:http://www.toyohashi-bihaku.jp/

 
【関連】
漫画界のレジェンド 松本零士展 | 豊橋市美術博物館
豊橋市美術博物館 | Toyohashi City Museum Art & history

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です