本のページ

SINCE 1991

「第50回星雲賞」参考候補作が発表 日本長編部門は飛浩隆さん、早瀬耕さんら計7作品

日本SFファングループ連合会議は、第50回星雲賞の参考候補作を発表しました。

 

星雲賞について

星雲賞は1970年に創設された、SF作品およびSF活動を対象とした日本で最も長い歴史を誇る文学賞です。前年度に発表されたSF作品およびSF活動を対象に、毎年開催される「日本SF大会」の参加者の投票により受賞作品が決定します。1965年に結成された、日本のSFファングループ間の協議機構「日本SFファングループ連合会議」が運営。

「日本長編」「日本短編」「海外長編」「海外短編」「メディア」「コミック」「アート」「ノンフィクション」「自由」の9つの部門で構成されています。

 
第50回星雲賞では、4月7日から5月31日にかけて第58回日本SF大会参加者による投票が行われ、7月に開催される同大会内にて発表される予定です。

なお、星雲賞における「参考候補作」は、他の文学賞における「ノミネート作品」とは違い、あくまで投票の参考にしてもらうためにリストアップされたものなので、「参考候補作」以外に投票することも可能です。

 

「第50回星雲賞」参考候補作 〔敬称略〕

第50回星雲賞の参考候補作は、次の通りです。

 
<日本長編部門>
◎『零號琴』(飛浩隆/早川書房)
◎『プラネタリウムの外側』(早瀬耕/早川書房)
◎『ハロー・ワールド』(藤井太洋/講談社)
◎『ワールド・インシュランス』(柴田勝家/講談社)
◎『ランドスケープと夏の定理』(高島雄哉/東京創元社)
◎『再就職先は宇宙海賊』(鷹見一幸/早川書房)
◎『厨師、怪しい鍋と旅をする』(勝山海百合/東京創元社)

 
<海外長編部門>
◎『メカ・サムライ・エンパイア』(ピーター・トライアス/訳:中原尚哉/早川書房)
◎『アルテミス』(アンディ・ウィアー/訳:小野田和子/早川書房)
◎『われらはレギオン』(デニス・E・テイラー/訳:金子浩/早川書房)
◎『動乱星系』(アン・レッキー/訳:赤尾秀子/東京創元社)
◎『巨神覚醒』(シルヴァン・ヌーヴェル/訳:佐田千織/東京創元社)
◎『六つの航跡』(ムア・ラファティ/訳:茂木健/東京創元社)
◎『七人のイヴ』(ニール・スティーヴンスン/訳:日暮雅通/早川書房)

 
<コミック部門>
◎「虚無をゆく」(水上悟志/水上悟志短編集『放浪世界』収録/マッグガーデン)
◎『レインマン』(星野之宣/小学館)
◎『少女終末旅行』(つくみず/新潮社)
◎『彼方のアストラ』(篠原健太/集英社)
◎『マーチャンダイス』(大石まさる/少年画報社)
◎『ひとりぼっちの地球侵略』(小川麻衣子/小学館)
◎『ジャバウォッキー1914』(久正人/講談社)

 
その他の部門(「日本短編」「海外短編」「メディア」「アート」「ノンフィクション」「自由」)の参考候補作など詳細は、http://www.sf-fan.gr.jp/awards/2019result.html をご覧ください。

 
【関連】
2019年 第50回星雲賞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です