本のページ

SINCE 1991

「第43回講談社漫画賞」最終候補作が決定! 3部門で計12作品

講談社は4月3日、第43回講談社漫画賞の最終候補作を発表しました。

 

第43回講談社漫画賞 最終候補作

第43回講談社漫画賞の最終候補作は次の通りです。

 
【第43回講談社漫画賞 最終候補作品】 ※敬称略

■少年部門
◎『アクタージュ act-age』 原作:マツキタツヤ、漫画:宇佐崎しろ(週刊少年ジャンプ/集英社)
◎『五等分の花嫁』 春場ねぎ(週刊少年マガジン/講談社)
◎『不滅のあなたへ』 大今良時(週刊少年マガジン/講談社)
◎『淫らな青ちゃんは勉強ができない』 カワハラ恋(マガジンエッジ/講談社)

■少女部門
◎『午前0時、キスしに来てよ』 みきもと凜(別冊フレンド/講談社)
◎『凪のお暇』 コナリミサト(Elegance イブ/秋田書店)
◎『パーフェクトワールド』 有賀リエ(Kiss/講談社)
◎『僕と君の大切な話』 ろびこ(デザート/講談社)

■一般部門
◎『きのう何食べた?』 よしながふみ(モーニング/講談社)
◎『昭和天皇物語』 漫画:能條純一、原作:半藤一利、脚本:永福一成、監修:志波秀宇(ビッグコミックオリジナル/小学館)
◎『ブルーピリオド』 山口つばさ(月刊アフタヌーン/講談社)
◎『私たちはどうかしている』 安藤なつみ(BE・LOVE/講談社)

 
なお、受賞作の発表は5月10日の予定です。

 

講談社漫画賞について

講談社漫画賞は、講談社が主催する漫画賞です。1960年に創設された「講談社三賞」の一部門「講談社児童まんが賞」、1970年に創設された「講談社出版文化賞 児童まんが部門」を経て、1977年に現在の「講談社漫画賞」として独立し、現在に至ります。

少年部門、少女部門、一般部門の3部門で構成され、受賞者にはそれぞれ、賞状とブロンズ像、副賞として100万円が贈られます。

 
【関連】
第43回講談社漫画賞(2019年)候補作品決定のお知らせ〔PDF〕

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です