本のページ

SINCE 1991

【訃報】漫画家・砂川しげひささんが死去 『タマちゃんとチビ丸』など

漫画家でエッセイストの砂川しげひさ(すながわ・しげひさ=本名:砂川惠永)さんが3月6日、うっ血性心不全のため埼玉県内の病院で死去しました。77歳。沖縄県出身。告別式は近親者で行われます。喪主は妻の妙子さん。

タマちゃんとチビ丸

タマちゃんとチビ丸


砂川しげひささんは、1941年生まれ。幼時に兵庫県尼崎に引っ越し、兵庫県立尼崎高校を卒業。デザイン会社勤務の傍ら漫画の創作を行い、のちに専業漫画家に。

主として4コマ漫画を描き、1971年『寄らば斬るド』で文芸春秋漫画賞、2007年『タマちゃんとチビ丸』で日本漫画家協会賞大賞を受賞。朝日新聞夕刊で1996年から2002年まで『Mr.ボオ』(2000年より『ワガハイ』と改題)を連載。クラシック音楽についての造詣の深く、エッセイも多く手掛けています。

著書に「チビ丸」シリーズ、 『テンプラウエスタン』『なんたってモーツァルト』『コテン氏の音楽帖』『ワガハイの時代』など。

 

タマちゃんとチビ丸
砂川しげひさチビ丸シリーズの第4弾。
春を迎えた銀田一家と猫たち。「捨て猫」というトラウマを引きずったチビ丸は銀田一家の庭猫として育っていく。再び旅に出て車に引かれそうになった時、亡き母タマちゃんの声が・・・。
読むと可愛い猫たちに癒されます。猫好きにはたまらない漫画。あなたのペットと同じようにいつまでも末永く可愛がってほしい一冊。

コテン氏の音楽帖 (講談社文庫)
どこから読んでもクラシックが面白くなる本です。肩ヒジはらずに気楽にページをあけてください。クラシックは娯楽音楽なのです。昔の貴族が自分たちの楽団をつくり、ハイドンやモーツァルトに命じて演奏させたのです。愉快なイラストとアマチュアらしい古典音楽の楽しみ方が、ここにはいっぱいあります。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です