本のページ

SINCE 1991

【第29回トップポイント大賞】『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』が受賞

【第29回トップポイント大賞】『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』が受賞

【第29回トップポイント大賞】『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』が受賞

新刊ビジネス書情報誌『TOPPOINT(トップポイント)』は、1万名以上の定期購読者を対象とした定例の読者アンケートを行い、第29回トップポイント大賞(2018年下半期)を決定しました。

 

スコット・ギャロウェイさん『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』が大賞を受賞!

第29回トップポイント大賞の大賞に輝いたのは、スコット・ギャロウェイさん著『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』(東洋経済新報社)でした。世界で最も影響力がある企業、「GAFA」 ―― グーグル(G)、アップル(A)、フェイスブック(F)、アマゾン(A)の強さの秘密と、4社が世界にもたらす脅威について明らかにした書です。

 
今日、GAFAが提供している製品・サービスを知らない人は少ないでしょう。メディアや他のビジネス書では、4社のビジネスモデルを称賛する記事が数多く見受けられます。しかし、本書はそんなGAFAを「ペテン師」と評し、彼らが情報や利益を独占することで生じる問題点を浮き彫りにしています。

 
今回投票に協力した読者からは、「普段からGAFAのサービスを便利に利用しているが、これほど全世界的に影響力が広がっているとは想像以上だった」「GAFA 4社の狙いと動き、そして今後の懸念が理解できた」といったコメントが寄せられました。こうしたことから、GAFAの影響力や今後生じうる問題を改めて考える上で、本書が一助となったことがうかがえます。

 

『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』編集担当者の受賞コメント(全文)

今回の受賞にあたり、『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』編集担当者の桑原哲也さん(東洋経済新報社 出版局編集第2部)がコメントを寄せています。

 
「栄えある「TOPPOINT大賞」に『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』を選んでいただき、心より御礼申し上げます。

「GAFA(ガーファ)」とは、「G」oogle、「A」pple、「F」acebook、「A」mazonの総称です。2018年、これら4社は株式時価総額の記録を塗り替え、米国政府の公聴会に呼ばれ、各国政府による規制が決まり、「流行語大賞2018」にノミネートされるなど、大きな話題となりました。今後も、世界中がますますGAFAの影響を ―― 良い意味でも悪い意味でも ―― 受けることになるでしょう。

では、これから日本人はGAFAとどう向き合うべきなのか。GAFAの脅威にいち早く警鐘を鳴らした本書が、それを考える一助になればと願っております。」

 
■『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』に投票した読者のコメント(抜粋)

◎GAFAはもとより主に米国のプラットフォーマーに対しては、日本は国家としても私企業としても、もっと真剣にその脅威を警戒した方が良い。本書はその警鐘に良い1冊だ。(男性)
◎やっとGAFAの脅威を指摘した本が登場したか、というのが感想。しかしもう手遅れだろう。ロビイングで生き残るだろう。(50代・男性)
◎普段からGAFAのサービスを便利に利用しているが、これほど全世界的に影響力が広がっているとは想像以上だった。(男性)
◎いつの間にか世界はこの4社に支配されている。日本からプラットホーム企業が出ないのが残念でならない。(60代・男性)

 

2018年下半期「トップポイント大賞」およびベスト10冊〔敬称略〕

【大賞】『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』 スコット・ギャロウェイ 著/東洋経済新報社

2位 『劣化するオッサン社会の処方箋』 山口 周 著/光文社(光文社新書)

3位 『対立の世紀』 イアン・ブレマー 著/日本経済新聞出版社

4位 『遊ぶ鉄工所』 山本昌作 著/ダイヤモンド社

5位 『未来の年表2』 河合雅司 著/講談社(講談社現代新書)

6位 『日本人として知っておきたい世界史の教訓』 中西輝政 著/育鵬社

7位 『世界でいちばん働きがいのある会社』/マイケル C. ブッシュ&GPTW調査チーム 著/日経BP社

8位 『〔エッセンシャル版〕 行動経済学』 ミシェル・バデリー 著/早川書房

9位 『新世界秩序』 ジャック・アタリ 著/作品社

10位 『逃げられない世代』 宇佐美典也 著/新潮社(新潮新書)

 

「トップポイント大賞」決定に合わせた書店店頭フェアの開催

本賞の決定に伴い、丸善ジュンク堂書店他、全国の主要大型書店86店舗にて、「トップポイント大賞受賞書籍フェア」が開催されます。

フェアでは、ベスト10冊に選ばれた各書籍を、その書籍の読みどころや読者のコメントと併せて展示するとともに、本賞の概要がわかる小冊子(無料)を配布します。

フェアは、2月より約1ヵ月間の開催予定です。

 

「トップポイント大賞」とは

「トップポイント大賞」は、新刊ビジネス書情報誌『TOPPOINT』が読者アンケートによって半年ごとの「ベストビジネス書」を決定するものです。2004年より前身の「読者が選ぶベストブックアンケート」を開始し、今回で通算29回目の開催となります。

読者アンケートは、ビジネスリーダーを中心とする1万名以上の『TOPPOINT』読者を対象に、本誌が半年間で紹介した書籍60冊の中から「ベスト3」を選ぶ形式で実施。1位3点、2位2点、3位1点として集計し、総得点1位の書籍を「トップポイント大賞」として選定。併せて、得点順に上位10冊を選出します。

 

新刊ビジネス書情報誌『TOPPOINT』については

『TOPPOINT』は、毎月数多く出版されるビジネス関連の新刊書の中から、「一読の価値ある本」を厳選し、その概要を紹介する月刊誌です。

毎月、100冊前後のビジネス関連の新刊書を熟読、その中でも特に「内容が斬新」「アイデアに溢れた」10冊を厳選し、その概要を紹介します。1987年の創刊以来30年以上にわたり、第一線のビジネスリーダーを中心に購読されています。

★公式ホームページURL:https://www.toppoint.jp/

 

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界
Google、Apple、Facebook、Amazon――GAFA

GAFAが創り変えた世界の姿とは。
この激変を予言した著名教授が断言する、次の10年を支配するルールとは。
米国発、22カ国で続々刊行のベストセラーがついに日本上陸!

【本書の3大テーマ】
GAFAはなぜ、これほどの力を得たのか
GAFAは世界をどう支配し、どう創り変えたのか
GAFAが創り変えた世界で、僕たちはどう生きるか

【GAFAが生み出した「新ルール」とは】
・「崇高なビジョン」を掲げる
・利益はいらない
・法律は「無視」できる
・競争相手は「資金」で踏みつぶす
・人間の「本能」を刺激する
・ほとんどの人は「農奴」になる ……など

【本書の主な内容】
・GAFAはなぜ、これほどの力を得たのか?
・GAFAが狙い打ちにする「人間の本能」とは何か?
・GAFAに共通する「8つの覇権遺伝子」とは何か?
・GAFAは世界を、どのように創り変えたのか?
・GAFAに続く「第五の騎士」は現われるのか?
・GAFAが創り変えた世界で、僕たちはどう生きるか?……など

 
【関連】
ベストブックアンケート | TOPPOINT

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です