本のページ

SINCE 1991

こうの史代さん”幻の名作”が初の書籍化! キュートなかっぱの女の子が大騒ぎ 描き下ろしスケッチコラムや単行本未収録漫画も収録

こうの史代さん”幻の名作”が初の書籍化! キュートなかっぱの女の子が大騒ぎ 描き下ろしスケッチコラムや単行本未収録漫画も収録

こうの史代さん”幻の名作”が初の書籍化! キュートなかっぱの女の子が大騒ぎ 描き下ろしスケッチコラムや単行本未収録漫画も収録

『この世界の片隅に』『ギガタウン 漫符図譜』などユニークな表現活動で話題の漫画家・こうの史代さんのオールカラー漫画「かっぱのねね子」を含むコミック『かっぱのねね子 こうの史代小品集』が、2018年12月に朝日新聞出版より刊行されます。

 

こうの史代さんの”幻の名作”を書籍化!

2001年4月から翌年3月まで子供向け月刊誌『おおきなポケット』に連載された表題作は、連載終了後こうのさん自ら同人誌として限定発売し、ファンの間では密かに人気のある”幻の名作”で、今回が初の一般書籍化となります。

 
「かっぱのねね子」は、人間界に迷い込んでしまったかっぱの少女・ねね子が、水の世界に戻るため善行を積まなければならなくなり、友達のいずみちゃんと遠足や夏祭りで奮闘する様子が、見開き×全12話で描かれます。

オールカラーの彩色は温かで美しく、ほのぼのとした中に切れ味良いギャグもたっぷり、楽しさあふれる世界です。

 
他に描き下ろしスケッチコラム「かっぱ紀行」、単行本未収録の漫画「ストポ」、「みなみさんの夏休み」「考えるアシ」「ぷらづま記」などの4コマ漫画と大判イラストが収録されています。

(c)こうの史代/朝日新聞出版

(c)こうの史代/朝日新聞出版

 

こうの史代さん プロフィール

こうの史代(こうの・ふみよ)さんは、1968年生まれ。広島市出身。

1995年に『街角花だより』でデビュー。2004年発表の『夕凪の街 桜の国』でメディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞新生賞を、2007~2009年発表の『この世界の片隅に』でメディア芸術祭マンガ部門優秀賞を、2012~2013年発表の『ぼおるぺん古事記』で古事記出版大賞稗田阿礼賞を受賞。

他の著作に『さんさん録』『平凡倶楽部』『日の鳥』『荒神絵巻』『ギガタウン漫符図譜』など多数。

 

かっぱのねね子 こうの史代小品集
幻の名作がついに書籍化!
「かっぱのねね子」は子供向け雑誌「おおきなポケット」で2001年4月より1年間連載された、オールカラー短編マンガ。
人間界に迷い込んでしまったかっぱの少女が、水の世界に戻るため”いいこと”をしようと奮闘するさまを、見開き×全12話で描く。
遠足や海水浴、夏祭りなど楽しいシチュエーションにギャグもたっぷり。
少し横長の判型で細かいコマの隅々まで楽しめる。
表題作(本作のみオールカラー)のほか、描き下ろしコラム、単行本未収録のマンガや大判イラストを加えて編んだ一冊。

【収録作品(予定)】
・マンガ「かっぱのねね子」(カラー)
・描き下ろしスケッチコラム「かっぱ紀行」
・マンガ「ストポ」
・4コママンガ「みなみさんの夏休み」「みなみさんの冬休み」「考えるアシ」「ぷらづま記」「たまのを」「へるめす」「鶏春秋」
・大判細密イラスト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です