本のページ

SINCE 1991

『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリさんの最新刊『ホモ・デウス』が30万部突破! 日本国内著作累計は100万部突破!

『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリさんの最新刊『ホモ・デウス』が30万部突破! 日本国内著作累計は100万部突破!

『サピエンス全史』ユヴァル・ノア・ハラリさんの最新刊『ホモ・デウス』が30万部突破! 日本国内著作累計は100万部突破!

河出書房新社は、ユヴァル・ノア・ハラリさんの最新刊『ホモ・デウス:テクノロジーとサピエンスの未来』(上下巻/2018年9月6日発売)が、10月31日をもって、累計刊行部数30万部を超えたと発表しました。

また、『サピエンス全史』と『ホモ・デウス』をあわせたユヴァル・ノア・ハラリさんの著作の日本国内での累計刊行部数は、100万部を突破しています。

 

人類が「ホモ・デウス(神の人)」と、「無用者階級」とに二分される、衝撃の未来とは……

世界で400万部を突破している『ホモ・デウス』は、世界で800万部を突破している『サピエンス全史』の著者の最新刊であり、9月の発売から2ヵ月を経過したばかりにもかかわらず、テレビや新聞、雑誌、オンラインのニュースサイトなど、多くのメディアで注目され、数多くの書評や紹介記事が掲載されています。

作家の池澤夏樹さんや京都大学総長の山極壽一さん、教育改革実践家で杉並区立和田中学校元校長の藤原和博さん、登山家の服部文祥さん、歴史学者の本村凌二さん、総合研究大学院大学学長の長谷川眞理子さんなど、錚々たる著名人によって各紙誌で絶賛され、テレビの情報番組でも紹介されました。

 
『ホモ・デウス』でユヴァル・ノア・ハラリさんは、人類は今、人工知能などの情報工学や、遺伝子操作などの生物工学によって、死を克服し、究極の幸福や神のような力を手にするために、自らを「ホモ・サピエンス(賢い人)」から、「ホモ・デウス(神の人)」へとアップグレードしようとしており、その結果、この社会はどう変化し、人類はどのような世界を生きることになるのか、『サピエンス全史』の著者ならではの鋭い視点で人類の未来を描いています。

★『ホモ・デウス』特設サイト:http://www.kawade.co.jp/homo-deus/

 

ユヴァル・ノア・ハラリさん プロフィール

ユヴァル・ノア・ハラリ Yuval Noah Harari

ユヴァル・ノア・ハラリ Yuval Noah Harari

ユヴァル・ノア・ハラリ(Yuval Noah Harari)さんは、1976年生まれのイスラエル人歴史学者。

オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して博士号を取得し、現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えている。軍事史や中世騎士文化についての著書がある。オンライン上での無料講義も行ない、多くの受講者を獲得している。

著書『サピエンス全史』は世界的なベストセラーとなった。

 

ホモ・デウス 上: テクノロジーとサピエンスの未来
世界800万部突破の『サピエンス全史』著者が戦慄の未来を予言する! 『サピエンス全史』は私たちがどこからやってきたのかを示した。『ホモ・デウス』は私たちがどこへ向かうのかを示す。

全世界800万部突破の『サピエンス全史』の著者が描く、衝撃の未来!

我々は不死と幸福、神性を目指し、ホモ・デウス(神のヒト)へと自らをアップグレードする。
そのとき、格差は想像を絶するものとなる。
35カ国以上で刊行され、400万部突破のベストセラー!

ニューヨーク・タイムズ紙、ウォール・ストリート・ジャーナル紙、ワシントン・ポスト紙、ガーディアン紙ほか、各紙大絶賛!

「優れた作品である『サピエンス全史』よりも面白く読める、より重要な作品である。」
──カズオ・イシグロ(ノーベル文学賞受賞者)

「人類にとって何が待ち受けているのか、思慮深い考察を著している。」
──ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)

「あなたに衝撃を与え、楽しませ、そしてなによりも
以前は考えたこともないような方法であなたを考えさせる。」
──ダニエル・カーネマン(ノーベル経済学賞受賞者)

 
ホモ・デウス 下: テクノロジーとサピエンスの未来
私たちはどこへ向かおうとしているのか。人工知能や遺伝子工学といったテクノロジーとホモ・サピエンスの能力が合体したとき、人類は何を求め、何のために生きるのか、そして世界に何が起きるのかを問う!

人類はどこへ向かうのか?

生物はただのアルゴリズムであり、コンピューターがあなたのすべてを把握する。
生物工学と情報工学の発達によって、資本主義や民主主義、自由主義は崩壊していく。

「科学技術の終焉か? パンドラの箱が今開く。」
──山極壽一(京都大学総長)

「人類史と先端テクノロジーを見事に融合した傑作。」
──佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

 
■参考
サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
なぜ我々はこのような世界に生きているのか?
ホモ・サピエンスの歴史を俯瞰することで現代世界を鋭く抉る世界的ベストセラー!

 
【関連】
「ホモ・デウス」テクノロジーとサピエンスの未来 特設サイト|河出書房新社
『ホモ・デウス』人類はどこへ向かうのか? 全世界800万部突破『サピエンス全史』の著者ユヴァル・ノア・ハラリさん最新作 | B O O K P O O H

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です