気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』上場会社の社長というキャリアを捨て出家得度した著者が仕事の悩みを禅語で解決

『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』上場会社の社長というキャリアを捨て出家得度した著者が仕事の悩みを禅語で解決

『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』上場会社の社長というキャリアを捨て出家得度した著者が仕事の悩みを禅語で解決

株式会社天夢人より、島津清彦さん著『翌日の仕事に差がつく おやすみ前の5分禅』が刊行されました。

 

仕事の悩みやビジネスの課題を「禅語」で解決する問題解決型「禅語×ビジネス」書

本書は、大手企業の社長を務めながら独立し、得度して仏門に入った「ZENマインドプロデューサー」が説く、ビジネスシーン別の禅の言葉を掲載。

例えば、「不本意な転勤(異動)を命じられたとき」「どうしても会社に行きたくないとき」など、ビジネス=仕事でのさまざまな場面で迷ったときに役立つ、あるいは悩みを解決してくれる禅の言葉(禅語)でアドバイスします。

といっても、なかなか本を読む時間がない現代人……そんな多忙なビジネスマンのために、寝る前の5分で読める見開完結。また、付録的要素で「いつでもどこでも誰でも禅ができる」ことをイラスト入りで説明しています。満員電車で、トイレで、お風呂で、……他人に気づかれないで、座禅する方法も伝授します。

取り上げる禅の言葉は、「因果応報」「覚悟」など誰でも知っている言葉から「千里同風」「只管打坐」など、ビジネスシーンに合わせて70の禅語を紹介しています。

 

本書の目次

第1章 困難な状況を乗り越える、禅の言葉

第2章 仕事がうまくいく、禅の言葉

第3章 コミュニケーションが円滑になる、禅の言葉

第4章 メンタルを鍛える、禅の言葉

第5章 上司や部下とうまく付き合う、禅の言葉

特別章 いつでもどこでも禅「行住坐臥」

 

島津清彦さん プロフィール

著者の島津清彦(しまづ・きよひこ)さんは、1965年、東京都生まれ。株式会社シマーズ代表取締役。元スターツピタットハウス代表取締役。元ソニー不動産取締役。

東日本大震災での被災を機に上場企業の社長というキャリアを捨て、2012年に独立起業。その後、多くの世界一流リーダーが禅にたどり着くことを知り、自らも出家得度して仏門入り。
経営者と禅僧という二つの顔を持ちながら、現在は官公庁、大手企業を中心に禅を生かしたコンサルティングや研修、講演、坐禅指導などを行う。

NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』、BSジャパン『日経プラス10』、日経ビジネス、朝日新聞、毎日新聞、AERAなど、メディアにも多数出演。著書に『仕事に活きる 禅の言葉』(サンマーク出版)がある。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です